川端はやはり神様!感涙の日本シリーズ制覇 嬉しすぎてな~んも言えない自分に驚く

11月27日  日本シリーズ2021  第六戦

スワホー! 日本一

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
ヤクルト 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 2 10 0
ORIX 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 7 2

オリックス 山本由伸、H平野佳寿、H能見篤史、H比嘉幹貴、H富山凌雅、吉田凌 – 若月健矢、伏見寅威
ヤクルト 高梨裕稔、Hスアレス、H清水昇、H田口麗斗、マクガフ – 中村悠平
日本シリーズ6制覇

高津監督日本シリーズ6制覇で10度宙に舞う 出典ヤクルト公式サイト

遂に20年ぶりの日本シリーズ制覇

各選手感涙の日本一でした。

特に青木、山田、村上、中村、川端選手普段余り見せない感激の涙は見るものに気持ちを伝えるものでした。

第5戦を残念な負けで落として敵地神戸に戻ることとなり、ムード的にはオリックスが勢いを増すかの第6戦でした。

オリックスは当然絶対エース、山本由伸投手

日本シリーズ6戦山本由伸投手

前回はヤクルトの粘りで圧倒できませんでしたが、この試合さすが沢村賞投手の面目躍如の投球でした。

状況からは初めから完投を意識の投球で、要所ではキッチリ締める投球。

走者を出してからの投球は別格の内容で得点を許しませんでした。

5回には1失点しましたが、塩見泰隆選手の振り切った打球が良いところに飛んでの失点。

まあ塩見選手のツキともいえる内容でした。

塩見先制タイムリー

特に6回など連続エラーで無死1・2塁のピンチを作られましたが、ここも併殺、内野ゴロとしっかり抑えきったあたりは絶対エース=日本一の投手の内容でした。

救援のリスクを回避の意味で9回を投げ切った訳ですが、エースの宿命か援護に恵まれず勝ちには結び付けられませんでした。

大健闘の投球は本人も悔しいながらやり切った満足感が伺われる表情でした。

登板後の山本由伸投手

当初奥川投手かと思われたヤクルト。

高梨裕稔投手が先発。

日本シリーズ6戦先発高梨裕稔投手

相手が山本投手ですからゲームとしては先制を許せない状況でした。

高梨投手は期待に応える投球で、ストレートを軸に要所を粘る内容でしっかり対抗した好投でした。

前半を対等な試合展開に持って行ったこの内容は大きな物と感じます。

山本投手相手に追いかける展開はかなり不利となりますからね。

この試合の高津監督は、当初からしっかり継投を考え抜いていた感じでした。

5回追いつかれるとすぐ継投に入り、以降スアレス、清水昇投手共に回跨ぎの大胆な継投でした。

清水8回好リリーフ

事前の準備が出来ていないと難しい回跨ぎ。

試合前からかなり入念に準備していたのでしょう。

共にしっかり期待に答えました。

まさかと思えるこの回跨ぎ継投は、高津ー伊藤の首脳陣の見事な采配と言えます。

正直びっくりでした。

このあと田口麗斗投手を左に当てしっかり仕事をしたあと、ここもすぐにマクガフ投手につなぎました。

今野投手を挟んでと思っていましたがいきなりこれもびっくり。

マクガフ好リリーフ日本シリーズ6戦

マクガフ投手がなんとこのあと2イニングとここも驚き。

確かに前回の内容に比べ良かったとは感じますが、最後までとは。。。

本人もこのシリーズに対するいろいろな思いがあっての意地の続投の感も。

結果的にはここまでの悪い思いを一気に払拭しました。

ついに優勝勝利投手となり本人、チーム、ファン全てが満足です。

この試合の継投はよく考え計算しつくして、事前準備はしてのものでしょうが、実に大胆なもので高津監督に完全に脱帽と思いました。

高梨裕稔 スアレス 清水昇 田口麗斗 マクガフ

最後に決めた川端慎吾選手

川端タイムリー日本シリーズ6戦12回表 出典

川端決勝タイムリーで日本シリーズ優勝へ導く 出典サンスポ 撮影・松永渉平

12回二死走者無し。

絶体絶命の緊迫した中、まず塩見泰隆選手がヒットで出塁。

相手のパスボールで得点圏に塩見選手が進みました。

長打ではなくともヒット狙いで良い状況になった川端選手。

やりやすい状況になったわけですが、ここでしっかり測ったように内外野の間に落とすあたりは、もうなんとも言えない。。。今年の総決算の一打でした。

何しろ走者は塩見選手です。

二死でしたから自動的にスタートし、速い速い!

ポテンヒット一つで余裕の生還でした。

ガッツポーズの川端

MVPは中村悠平選手でしたが、投手を引っ張ったリード

MVPの中村悠平選手

打撃でもタイムリーシリーズを作ったと言えます。

特に完璧なリードでシリーズ全体の流れを作った点が光ります。

当然のMVPかと思います。

今年は飛躍しました!

中村悠平選手に対する自分の目が完全に変わりました。

それを引き出した一つが、キャンプでの古田氏だったり、絶対大丈夫と送り出した高津監督だったりしたのだと思います。

いい選手になりました。

このシリーズ、久しぶりにいずれも拮抗し、常にどちらに転ぶかの連続でした。

目の離せない良い試合ばかりで中々の名勝負でした。

ちょっとしたことで逆にオリックスだったかも知れません。

このところ押され気味のセリーグとしては、ようやく報いた感じです。

シーズン初め、大胆にも優勝を祈願しましたが、なんと本当に優勝しかも日本一になるとは。。。

ただただ嬉しく、古希にして感涙です。

感涙バナー