ヤクルトスワローズ 両目開く  スアレス好投、坂口絶好調、山崎晃太朗は猛打賞!

6月24日

ヤクルトスワローズ   6-1  阪神タイガース

完勝です!

これで両目が開きました。

スアレス投手先発、スアレス投手。

正直今までのイメージを変える出来で、ほぼ完璧に6回1失点(自責無し)でした。

6回裏、先頭打者になったのでベンチ采配で交代しましたが、7回も十分行けそうな感じでした。

2連敗もあってか攻め(ダメ押しを取りに)の采配でしたが、先を考えて我慢で7回まで引っ張る手もありでした。。。それほど良かった。

5点差となり以降の投手陣ものびのび?投げて無難に逃げ切った感じです。

ガンケル投手初回、阪神先発のガンケル投手乱調(制球定まらず)につけこみ先制3点

来日初登板で、日本の野球に慣れていないとはいえ、「制球が良い」と聞いていた割にはお粗末なガンケル投手でした。

2軍落ちしてしまいましたが、致し方が無いかと思います。

3・4回と拙攻で追加点ならず、ちょっとイライラの「相手に流れが行きそうな展開」での 5回の追加点。

山田哲人選手ヒット出塁、青木宣親選手四球、雄平選手死球、満塁での山崎晃太朗選手のヒット。

流れが来ていると実感しました。

ここでほぼ勝展開

坂口智隆選手攻撃陣でやはり光っているのは、トップ坂口智隆選手

2安打(1HR)で絶好調

やはりこれだけ高い出塁をするトップが居ると素晴らしい。

何しろ、簡単に凡打しない(粘れる)・・・兎に角バットに当てるのが上手くファールで逃げれる

6回も大ファールの後ダメ押しホームランと、勝負処を解っている感じがします。

昨年は負傷から不本意なシーズンで、「ここまでか」とも思えましたが。。。

いや失礼しました<m(__)m>

首位打者を狙えるような調子ですなぁ。

サード村上」にこだわった監督の構想の根っこには、「ファースト坂口」があったのかと今更ながら高津監督に敬服です。

山崎晃太朗選手山崎晃太朗選手

1・5回ともここで欲しいところでタイムリー猛打賞

大きいのは期待出来ないけれど上手く守備の間を狙うスタイルは貴重。

もあり小技とも言える内容の選手もチームには必要です。

完全に塩見選手をベンチに追いやっている感じ。

マクガフ、石山投手を使わずに勝てた事で、いろいろな意味で収穫の多い試合でした。

今日の先発は高梨裕稔投手です。

良い時と悪い時のムラが気になりますが、吉と出ますように!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする