投打のキープレーヤーが機能せずで敗戦

5月21日  対 横浜ベイスターズ

R H E
横浜 0 1 1 1 0 0 0 0 2 5 10 1
ヤクルト 0 0 0 2 0 0 0 1 0 3 9 0
バッテリー
ヤクルト バンデンハーク、梅野雄吾、今野龍太、清水昇、石山泰稚 – 中村悠平
DeNA ロメロ、H三上朋也、H砂田毅樹、H石田健大、Hエスコバー、山﨑康晃、S三嶋一輝 – 伊藤 光

肝心な選手が機能せずですから、当然とも言える負けでした。

再三の好機に3,4番がブレーキになりました。

また、クローザーが2アウトから連打で失点と投打のポイントプレーヤーが揃って機能しない試合となってしまいました。

この負け方は、非常にダメージが大きくムードを悪くする事になります。

前の阪神戦から、荒れ球で3,4番共に調子が少し狂ってきているように思います。

山田哲人 村上宗隆

山田哲人選手も、村上宗隆選手も特に得点機でのバッティングがおかしくなっています。

当然好不調はありますが、共倒れはさすがに得点能力が落ちます。

好機に打てないと迷いが出るか?

中途半端な手の出し方や、打つべき球の選球も狂ってきているように見えます。。

顕著なのは最終回。

共に初球を簡単に打ちに行って平凡なフライを上げていることです。

初球から打つべき球では無かった感じです。

積極的にはアリですが、2点ビハインド。

じっくり相手にプレッシャーを掛けるのも必要だったと思いますが。。。

気持ちを切り替えて調整し、頑張って欲しいと思います。

このところ逃げ切りに失敗が続き、重症な感じの石山泰稚投手

このところ制球が悪く、変化球の切れも球威も今一つです。

ダッグアウトに下がった後、放心状態に見える表情は重症度を示していると思いました。

結果が全てのクローザーですから、立て続けの失敗は堪えるのは当然です。

今の内容で登板を続けても立ち直ることは難しいと思います。

続ければ本当に自信喪失に繋がりかねません。

そうなっては立ち直りに相当な期間が必要になってしまいます。

一度再調整を考えるべきと思いました。

バンデンハーク先発したバンデンハーク投手

良い球甘い球混在で安定感に欠けました。

移籍後の初登板で未だ未知数と言った感じです。

ただ連打を許すことが多いのは気になります。

同じ球種を何球も続けるあたりはさすがに違和感がありました。

何度も続けると相手に球が見えてきますし、打たれやすくなります。

中村捕手が未だよくバンデンハーク投手の球種や特長を理解できていない点も有るのかかもしれません。

バンデンハーク投手がサインに首を振る場面が多かったと思います。

事前の打ち合わせをちゃんとやっていたのか気になります。

サイスニード投手の場合も初登板はボロボロでしたが、2回目は好投でした。

ヒーローインタビューで、「中村捕手とのコミュニケーションが取れた」と言っていましたが、1回受けてみないとわからないことがあるかと思います。

次回の内容に期待です。

小川泰弘さて、今日は小川泰弘投手が登板します。

前回は見違えるような投球で、完封勝利を成し遂げました。

1回登録を抹消し、ミニキャンプで鍛え直したところが功を奏したようです。

今回も良い結果になって欲しいと思います。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2021年5月21

東京ヤクルトスワローズ  2-5   横浜DeNa ベイスターズ 神宮球場
中日ドラゴンズ      1-1   東京読売ジャイアンツ バンテリンドームナゴヤ

プロ野球 セリーグ 順位表  2021年5月21日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 阪神 42 28 12 2 .700 0.0
2 巨人 44 22 15 7 .595 4.5
3 ヤクルト 41 18 16 7 .529 2.5
4 広島 41 16 20 5 .444 3.0
5 中日 43 15 21 7 .417 1.0
6 DeNA 45 12 27 6 .308 4.5