嬉しい誤算に頬が緩む、 対広島3連勝の快挙。中山4号3ランに、本物の手ごたえ!

7/4 ヤクルト対広島東洋カープ3戦目

いやー 、うれしい誤算で予想外の3連勝でした。

広島は一時のヤクルトと同じですなぁ。

全く投打がかみ合っていない状況です。

ヤクルトも決して良い状態では無いのですが、「疫病神が広島に行った」感じです(悪いですなぁ。。ムフッ)。

高橋奎二投手は、6回まで危ない四球はあったものの持ちこたえ、ブルペンに繋ぐことができました。

ただ、9回裏の五十嵐亮太投手は誤算で、いきなりデッドボールを出し、一死満塁。

今までのヤクルトはここでボロボロ崩れてしまい、点差があっても行方が分からないところでした。

ところが、マクガフ投手は後続打線をきっちり抑えた好投で、石山泰稚投手を使わずに済んだ展開となり、無事試合終了となりました。

ここがね、違ってきた!

しかも、ヒット9本で7点はかなり効率の良い点の取り方です。

対する広島は、ヒット8本で2点。

ホントに少し前のヤクルトを見ているようです。

中山翔太選手は、ますます本物感が増してます。

今回は、塁が埋まったチャンスに3ランホームランで打点をたたき出しました。

村上宗隆選手への負担が分散され、相乗効果が期待される点が大きいと感じます。

上位打線が「山田哲人、吉田大成、青木宣親、村上宗隆、中山翔太」と続き、

油断できない選手が5人そろえば、相手投手にはかなりのプレッシャーになりますから。

後はショートですかね・・・中々レギュラーの逸材が現れません。

何れにしても、3連戦前は「一つ勝てれば」と願っていましたが、

広島の絶不調に、ラッキーな3連勝でした。

こんなこともあるんだなぁ

今日からは中日とナゴヤドームで3連戦です。

この勢いで頑張ってほしいもんです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする