2022-09

プロ野球・期待の選手

市川プロ初先発は粘投の5回1失点、赤羽プロ初安打と負けたが意味ある試合

前日に続き試験的な起用の試合でした。先発としての市川投手、プロ初安打の赤羽選手、今季初得点の松本選手など爪痕を残した選手も出て、負けでしたが意味はありました。坂口選手までも引退と聞き残念です。
プロ野球・試合結果

試合外の話題は選手の去就、内川、嶋が引退へ

高梨投手、CSに向けての試験は赤点の模様。新戦力テスト組も軒並み赤点。もっとも気になるのは選手の去就です。内川、嶋選手が引退、外国人助っ人も明暗がくっきりです。
番外編

CS進出残り1枠が熾烈、ヤクルト期待は村上個人記録

優勝から一夜明けファンとしても興奮冷めやらぬところです。改めて順位表を確認。3位から5位が僅差過ぎて、CS進出残り1枠が熾烈となっていますが、ヤクルトの当面の期待は村上選手の個人記録に尽きます。
プロ野球・打線

小川先制点を与えず丁寧に粘投、ついに9回畳み掛けダークホース丸山サヨナラで優勝を果たす

緊迫し重たい展開の投手戦でしたが、粘り合いが得意のヤクルトの真骨頂。終盤は押し最後はリズム良く攻撃しルーキーのダークホースが決めて優勝! 監督は最後まで選手起用の信念を貫き有終の美を飾りました。
プロ野球・ピッチャー

雨男サイスニードの本領発揮でついに優勝に王手

先発が試合を作ってヤクルトらしい攻撃を引き出し、流れを掴んでの完勝。スタッフ必死のグラウンド整備が実っての「オールヤクルト一丸」の勝利でした。マジックは2、優勝に王手をかけました。
プロ野球・試合結果

試合が早々に壊れ打線沈黙の中、9回の反撃が次に繋がる希望の光

先発と中継ぎの入れ替えと言う奇策は機能せず散々な結果でした。横浜濱口投手の前に打線は沈黙。しかし、最終回意地を見せ2本塁打で2点差まで追い上げたことで次回への希望が持てました。
プロ野球・ピッチャー

高橋宏斗恐るべし、グーの音も出ず完敗でドラ1山下初登板は黒星

中日がCSに出ることは無いわけですが、1STステージで当たったらほぼ絶望と思った試合でした。先発山下投手、プロ初登板は正直評価不明です。今後キレ、制球がどこまで上がるかを見守りたいと思います。
プロ野球・ピッチャー

流石の石川ワールドで6勝目、援護はサンタナ率いる助っ人団+若燕+代打の神様

石川投手粘投でヤクルトらしい展開の試合を作り、きれいに勝ちました。これでM4。2点差をサンタナ選手がお目覚め15号3ランで逆転、助っ人全員安打に内山・長岡が活躍。トドメは川端選手が刺してくれました。
プロ野球・試合結果

現状のリプレイ検証の限界を知った試合は、ツイていないままに負けた感

接戦でしたが試合の流れを持ってこれず、ツイていないままに負けました。先制すれど先発崩れ、好打が好守に阻まれ、判定にも恵まれずで少しストレスの溜まる試合でした。リプレイ検証の限界を知りましたし。
番外編

3位横並びでどこが抜け出すか、ついでにCSの予想私見

おおよそ1,2位は確定の感じですが、3位争いはゲーム差なしで3チームとなりました。この3チームのどこが抜け出す可能性が多いのか、またCSの行方について、少し考えてみました。
タイトルとURLをコピーしました