あわや連続 シャットアウト。 青柳投手に、骨抜かれた感じで。。。

6月23日

ヤクルトスワローズ  1-4  阪神タイガース

あわや2試合連続シャットアウト負けとなるところでした(汗)

それにしても 完全に打線が梅雨入り?

ほとんどチャンスが作れない湿り様です。

まあ、昨年もやられた 中日 梅津投手、阪神 青柳投手と続いて調子が狂ってしまったか?

とは言え、昨年に続いて 苦手のままでは・・当然次もぶつけて来ますよ。

青柳晃洋投手それにしても 青柳投手 全く危なげない出来。

打てそうで打てない。

山田哲人選手のバットも空を切るばかりで。。完敗

イノーア投手先発、イノーア投手。

立ち上がりから生命線の制球が悪く、特に変化球(スライダー)が決めれませんでした。

相手に好球を配する苦しい出来。

徐々には立ち直り何とか5回は持ちましたが、今後に不安が残る内容でした。

寺島投手長谷川宙輝投手投手陣の救いは、寺島投手が少し結果を残せたところ。

また、長谷川投手が2度目の登板で少し落ち着きがでてきた点です。

とはいっても、0-4でそれ程プレッシャーの無い状況ですから、まだまだ実力はわかりませんが、試合慣れしていくうちに、プレッシャーがかかる場面でも通用すると信じたい。

ちょっと気になるのは、初回1アウト走者三塁で内野に前進守備の守りをさせました。

投手の出来を考えれば大量失点を避ける状況です。

まずはアウトを増やす(1点はやむを得ない)考えがセオリーかと思うのですが。。。

加えて、6回のライト雄平の守備。

相変わらず球際に弱く、外野守備としての判断力もいかがかと思います。

このポジションをを脅かせない若手外野陣も 少し情けないかと。

最後に、意地を見せた感じの 青木宣親選手と、村上宗隆選手

この諦めない姿勢は絶対に必要。

あわや連続 シャットアウトか」とこちらはあきらめ半分でしたが、最後に見せ場を作ってくれました。

青木選手青木選手は、7回デッドボールを受けながらも退場せず、9回まで出場。

最後は渾身の二塁打でチャンスを作りました。

メンタル、強いです。

村上宗隆選手そのチャンスを生かしきっちりとタイムリーを放ち、やられっぱなし感を少し払拭した村上選手

四番らしい仕事でした。

今年は警戒されての四球も多く、本物のホームランバッターに近づきつつある感じで頼もしい。

次は勝たないと、早くもトンネルに入ってしまう感

今日の試合は、先発スアレス投手。

阪神が、来日初登板のガンケル投手。

何とか勝ってほしいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする