8/12 対巨人 菅野投手に格の違いで完敗す。 先発原樹理 滅多打ちにされ、3回持たず降板

8月12日

ヤクルトスワローズ 1-8 読売ジャイアンツ

R H E
ヤクルト 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 7 1
巨人 0 5 0 0 0 2 0 1 X 8 12 0

先発投手の格の違いを見せつけられた感じで、ほぼ完敗でした。

原樹理投手先発、原樹理投手。

バッテイング投手並みに滅多打ちでした。

制球悪くボール先行で、安易にストライクを甘い球で取りに行き・・・よくあるパターンです。

まあ「打ってください」の内容でした。

今年も昨年から一段上がれずの状態で、調子の波が大きく不安定さを露呈。

5年目でそろそろこれと言った物が欲しいところですが出せずにいます。

今期2勝をあげていますが、昨日の投球を見ている限りではローテーション投手としては難しいと思います。

でも、先発投手不足だから。。。まだ使うかも

菅野智之投手対してジャイアンツ菅野智之投手

前回は先発で唯一勝がつけれなかったヤクルト相手にしっかりリベンジ。

調子はそこそこでしたが、要注意の坂口、青木、村上選手はきちんと押さえる内容で、殆ど危なげない投球でした。

ご愛敬で若手に初安打をプレゼントしましたが苦笑いの余裕でした。

駄目を与えた3番手中尾輝投手

以前の投球には中々戻れずの内容で、確実に任せるには頼りない状態。

左とは言え地位確保は難しい内容でした。

ヤクルト 26-27歳当たりに伸びを示す投手があまりいないのはなんとも・・・・

星選手がその範囲なので、奮起してほしいものです。

坂本勇人選手不調の坂本勇人選手

2本のホームランを打ちましたが、ホームラン以上に最後のセンターへのヒットが復調を思わせる内容で少し上向く感じです。

同じく不調の丸佳浩選手も3安打。。

なんだか、噛ませ犬状態で悔しい限りの試合でした。

今日は先発が高梨裕稔投手。

前回は6回以上を投げ踏ん張ったものの、勝ち投手になれなかった不運。

今回こそリベンジして欲しいと思います。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2020年8月12

読売ジャイアンツ     8-1   ヤクルトスワローズ 東京ドーム
横浜DeNAベイスターズ  6-7    阪神タイガース 横浜スタジアム
広島カープ         1-4      中日ドラゴンズ マツダスタジアム

プロ野球 セリーグ 順位表  2020年8月12日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 巨人 43 25 15 3 .625 0.0
2 DeNA 47 24 21 2 .533 3.5
3 阪神 45 21 22 2 .488 2.0
4 ヤクルト 44 19 20 5 .487 0.0
5 広島 45 18 23 4 .439 2.0
6 中日 48 19 25 4 .432 0.5

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする