8/13 対巨人 高梨踏ん張るも、攻撃がちぐはぐ、最後の継投もちぐはぐでサヨナラ負け。山田の復帰はまだ早い?

8月13日

ヤクルトスワローズ 3-4 読売ジャイアンツ

R H E
ヤクルト 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3 9 0
巨人 0 0 0 2 1 0 0 1X 4 8 0

先制しましたが追加点が取れず、じりじりと追い詰められてサヨナラ負けとなりました。

高梨裕稔投手先発 高梨裕稔投手

少し制球が不安定ではありました、 6回3点と何とか責任は果たした感じです。

ただ丸、中島選手に連続ホームランはいささか反省要素。

まあ共に甘い球でした。

一発をくらった後気持ちを入れ替えず動揺したまま次にまたホームラン。

ここは直さないと・・・

ベンチ、最終回。

マクガフ投手5番手にマクガフをピンチで持ってきましたが、これはベンチがなぜ送ったのか理解に苦しみます。

今年のマクガフ投手は非常に勝負弱くここぞでは殆ど痛打されています。

案の定一球で終わりました。。。ガックリ

ピンチを招いた大下投手は、自分で打たれた方が気持ちはっきりするのではとも思えます。

そのまま大下投手に投げさせた方が良かったのでは?

「今後のいろいろな意味で」と感じます。

山田哲人選手打線、最後の一本が出ず追加点が取れなかった事が敗因ではありますが、打線を切っってしまったのが2番復帰の山田哲人選手

四球で繋いだ初回は3得点が入りチームに貢献しました。

ところが、後は尽く凡打で切っています。

復帰できたことは喜ばしいことなのですが。。。

抹消時点と状態は全く変わらずの印象で戻せる状態なのか疑問です。

本人の気持ちはあるでしょうが、まだ早いのでは。。。

さて、今日からは横浜スタジアムでDeNAベイスターズと3連戦です。

先発は、8月7日にプロ初勝利を飾った吉田大喜投手

制球重視で「打てそうで打てない」投球が今回もうまく機能するのか、興味があります。

頑張って2勝目を勝ち取ってもらいたいですが、ルーキーなので肩の力を抜いて自分らしく投げれればと思います。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2020年8月13

読売ジャイアンツ     4-3   ヤクルトスワローズ 東京ドーム

プロ野球 セリーグ 順位表  2020年8月13日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 巨人 44 26 15 3 .634 0.0
2 DeNA 47 24 21 2 .533 4.0
3 阪神 45 21 22 2 .488 2.0
4 ヤクルト 45 19 21 5 .475 0.5
5 広島 45 18 23 4 .439 1.5
6 中日 48 19 25 4 .432 0.5

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする