メジャーリーグ地区シリーズ。前田も田中も好投でチームを支える

地区シリーズ2戦が終わりました。

ア・リーグは下馬評通り、順調なアストロズ

バーランダーとコールが圧巻の出来で、2戦目でクローザーのオスナがつまづきましたが、しっかり連勝大手。

すんなりスイープで勝ち抜けの雰囲気。

一方、ナ・リーグのドジャースは2戦目でカーショーがつまづき、3戦目を取らないと危ない状況です。

カーショーに衰えが見え始めた状況でいささか黄信号。

前田健太投手は、初戦1回と2/3をしっかり投げ、良い仕事をしていています。

ドジャースの中でも頼れる存在感が大ですね。

打者5人を19球で打ち取り、無安打2奪三振、無失点。。。やるもんです。

これで救援に回ってからは6戦連続無失点ですから、信頼も厚いわけですね。

一方、ア・リーグのヤンキースは連勝で、ある意味ヤンキースらしい戦い方(打力中心)で勝っています。

田中将大投手は2戦目に出て快投です。

5回を投げて3安打1失点、7奪三振、2四死球と、圧巻の投球でした。

これでポストシーズン通算6試合の内訳が4勝2敗、防御率1.54.被打率1.64。

堂々たるポストシーズン男で、味方の信頼も厚いようです。

この試合で負けたツインズ。

ポストシーズンで15連敗、うち12敗がヤンキースという悲しい結果が出てしまいました。

MLB記録だそうです。

天敵ですなぁ

今後ですが、3戦のセベリーノの出来次第。

すんなり連勝で勝抜ければ良いですが、此れを落とすとツインズが息を吹き返すかも。

4戦の先発がいない状況では一気に決めたいところです。

さてどうなりますか??