突然爆発!山田、9回2アウトからの~~「逆転満塁ホーマー、通算200号」で広島に勝利!

9/4 ヤクルト広島カープ 2戦目 神宮球場

11:7 で、ヤクルトのサヨナラ勝ち

いやー 解らないもので、突然爆発しました。・・・昨日は力を貯めたのかァ??

広島先発、大瀬良大地投手。

決して好調とは思えない内容でしたが、そこはさすがエース

何とか5回2失点と最低限試合を作っての降板でした。

昨日のヤクルトの状態では逃げ切れるかとも思えました。

大瀬良投手は、相当疲れが溜まっている感じです。

調整休養したくともそんな場合では無いしね。

ヤクルト先発の小川泰弘投手。

相変わらずピリッとせず、ただ漠然と投げてズルズルと5失点。

かなり余裕の登板間隔でこれではとてもエースとは言い難く、大瀬良投手と大きな差を感じます。。。ガックリ

広島は、折角大瀬良投手が頑張ったのに2-3番手が支えきれませんでした。

四球から崩れる典型的パターンです。

山田哲人選手、バレンティン選手タイムリーで一点差

山田哲人選手は、4打席目になって最近の不調から、突然行き成りのお目覚めで、スイッチが入ってしまいました。

ここで雄平選手。

相変わらずの悪球打ちで三振。。あ~ぁ

ここで止まりかけたのですが、村上宗隆選手が気迫の一発

最近いささか不調でしたが前のタイムリーヒットでお目覚めか、一発の威力を見せつけた3ラン!

打点も稼げたね!

また1位に浮上しました。

3ランで一気に逆転(2点差)は、今のヤクルトでは大きいです。

村上選手が打つと、全体が活気づく気がします。

これで32本、90打点となりました。

タイトルも有りかも・・・いや、タイトルを取れなくとも100打点に届けば、凄い

あと4本で中西太選手の記録です。

やっぱり中西さんは凄かったんだなあ。。。

とりあえず、セリーグの清原選手の記録は破ることができました。おめでとう!

試合を冷静に見ると、2点差では勝てるはずも無く、案の定直ぐに追いつかれます。

継投のハフ投手は、調整明けですが、まだ復調とはさすがに言えません。

登板過多で中々戻らない・・・こんなに登板したことないでしょうから。

でも、何とか逆転を阻止して、同点で止めたところは大きかった。

広島としてはここで逆転して置きたかったと思います。

梅野雄吾投手、マクガフ投手でゲームを落ち着かせた9回裏

中村悠平選手にこの試合2つ目のデッドボール

彼は、ホームランも打っていて、”本日当たり日”となってしまいましたw

これで、広島ピッチャー「抑えの切り札」のフランスアの目が泳ぎ始め、動揺が見て取れました。

ここで、運命の女神がいたずらをしたとしか思えない状況に!

相手ミスで 無死満塁

上田選手の下手なバント(失礼!)で、フィルダーズチョイスとなり、生きてしまいます。

上手いバントならばすんなりアウトを取りに行けたのに、広島はツイていない。

とはいえ、無死満塁に荒木貴裕選手、青木宣親選手凡退で決勝点取れず・・・つたない状況に、ついため息。

今の力では延長は不利ですから、「終わったかな」の気持ちが半分です。

でも、いきなり開眼の山田哲人選手。。。2打席前からの突然の絶好調!

ナント、記念の200号を満塁サヨナラのおまけ付で決めきる「力業(ちからわざ)

思いもかけず、昨日完敗の広島カープを仕留めたわけで、感涙ものです!

こんなこともあるんだなぁ。。。

DeNAがサヨナラ勝をしているだけに 広島にとっては痛い負けになってしまいました。

悪いなぁ。。。(笑)

ホームランの記録が2つ重なり、つば九郎はボードを持って忙しそうでしたが。。。

村上宗隆選手32号、山田哲人選手通算200号、おめでとう!

さて、今夜はの予告先発は、山田大樹投手です。

このところデータがそろったせいか、やられることが多くなってきましたが、

ある意味、これからが本当の勝負になってきます。

力まず粘り強い投球をしてほしいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする