9/13 小川気迫の投球で踏ん張るも、連敗阻止ならず。エース小川の牙城も崩れ、巨人に3タテを喰らう 

9月13日

ヤクルトスワローズ 1-3 読売ジャイアンツ

R H E
ヤクルト 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 7 0
巨人 0 0 0 2 0 1 0 0 X 3 7 0

小川泰弘投手連敗阻止の牙城小川泰弘投手の踏ん張りも空しく3連敗で終わりました。

まあ、毎度連敗阻止の状況で回って来るのでは、プレッシャーも生半可では無いと思います。

かなり細心の注意を払った投球でしたが、徐々にプレッシャーを受けて持ちこたえきれなかった結果となりました。

6回3失点ですから、出来が悪いと言う内容では無かったですし、むしろ研ぎ澄まされた制球力に気迫を感じました。

あの投球内容でも、打線の援護なく負け投手になったのですから残念極まりない(怒)

3連戦、共にある意味同じような展開になりました。

・ジャイアンツ ホームランで得点。

・先発中盤までは僅差で試合を作る

・チーム全体で相手にプレッシャーを掛けつつ、豊富な救援陣ポイントで惜しげもなく注ぎ込み勝ち切る。

現状は完成形に近い状態で、点差は僅差でも力の差は大きいと痛感しました。

投手力(先発、救援)の差は大きいのですが、これ以上に打線の差が大きい感じです。

ヤクルトは1-4番しか期待できず、5番以降は力のある投手にかかると、全く当てに出来ない状況です。

選手層が薄いので、控えも同様に当てにできずで「得点力」がかなり落ちます。

投げる投手も1-4番に特化できる状況はかなり「楽」。

昨日も、1-4番でヒット7本のうち6本を打っています。

5番に入った中山選手が1本打ちましたが、あとは安全パイという状況でした。

「うまくつながるヤクルト打線」の時は、下位打線も機能するのですが、昨今の現状は機能しないことが多いですね。

波があり確実性に乏しいので、この位置にいるのだと思います。

今の状態では、僅差では中々勝てませんので打線が大量点を取るしかないのですが。。。

ここへきてかなり暗い状態に。。。

本日は休み

気持ちを切り替えてゆっくり休養し、明日からの試合に備えてほしいと思います。

神宮に戻っての6連戦なので、気持ちは楽になるかと思うのですが。。。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2020年9月13

読売ジャイアンツ           3-1     東京ヤクルトスワローズ 東京ドーム
横浜DeNAベイスターズ  2-3  中日ドラゴンズ 横浜スタジアム
阪神タイガース         7-6   広島東洋カープ 甲子園球場

プロ野球 セリーグ 順位表  2020年9月13日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 巨人 71 45 22 4 .672 0.0
2 阪神 72 36 32 4 .529 9.5
3 DeNA 74 35 34 5 .507 1.5
4 中日 75 33 37 5 .471 2.5
5 広島 72 27 37 8 .422 3.0
6 ヤクルト 72 26 40 6 .394 2.0

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする