7/29 阪神にリベンジなる。口火の青木、一発の村上、火消しの長谷川。これが今年のヤクルトだ!

7月29日

ヤクルトスワローズ  3-1  阪神タイガース

大量得点直後の試合は中々得点出来ない」の格言通りの試合となり、今年の勝パターンそのものの展開でした。

R H E
阪神 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 5 1
ヤクルト 0 0 0 2 0 1 0 0 X 3 6 0

原樹理投手先発 原樹理投手

このところの先発の不安定を見てか、かなり意識して慎重・丁寧に立ち上がった印象です。

慎重過ぎてか際どく配球して、初回ピンチを招き失点しました。

ただ、その後の満塁は開き直って思い切り攻めた感じで、最小失点で踏みとどまりました。

踏ん張って大量失点を防いだ事が、結果をもたらした感じです。

凄く好調ではない中、粘って5回を投げ切ったところは評価出来ます。

梅野雄吾投手2番手 梅野雄吾投手

相変わらずの不安定さを露呈して大ピンチ。

ほんと、調子の波が大きい

前日の登板は見事だっただけに、つい期待しましたが。。。

1死満塁となり、監督が動きました。

長谷川宙輝投手ここで救援した長谷川宙輝投手

渾身の力で近本選手を浅いレフトフライ

続く糸井選手を空振り三振に仕留める好リリーフ。

一死満塁をしのいだことが、試合の流れを大きく引き寄せました。

ルーキーイヤーとも言える今年。

この様なピンチをしのぎ切って自信と経験を積み上げれば、大きな飛躍が期待できます。

今年は少し我慢をしても使い続けて欲しいものです・・・きっと成長しますよ。。。楽しみ!

これで今年4度目となる勝ち試合を壊すところだった梅野投手は、一番「ホッと」したように見えました。

ベンチで見守る表情が喜びに変わり、複雑な心境が見て取れました。

人に頼らず自分が巻いた種は自分で責任持たなければとは思いますが、今期もう18試合に出ていますから大変は大変。

彼もまた、こうして成長していくだろうと思います。

青木宣親選手打線はやはり青木宣親選手。

ここもしっかり口火の2塁打。

キャプテンの勢いが試合に流れを呼びます。

村上宗隆選手これにしっかり呼応する村上宗隆選手が、一発で決め切りました。

ここぞで結果を出せる2人はやはり頼れます。

鉄板の3番、4番ですな。

ただ、この試合坂口智隆選手が休養で、1番に入ったのが山崎晃太朗選手でしたが、5番に彼が欲しいと思いました。

ガルシア投手阪神ガルシア投手

出来は原投手より良かったのですが、村上選手への一球に泣いた感じです。

何か「ツキ」が無い感じですね。

というか、得点圏打率の高い村上選手に流れを寄せた青木選手の功績というところかな

エスコバー選手少し気になるのが、エスコバー選手

持ち前の守備がかなり不安定で、打球に対する判断が鈍っている感じです。

バッテイングと違い大きな波が少ない守備です。

ですが、ここ2試合はかなり危なっかしいものがあります。

疲れかもしれません。

今日は阪神との3戦目

高橋奎二投手が先発です。

今期は3試合に先発していますが、いずれも5回までの責任は果たしています。

落ち着いて投げればよい結果になるとは思うのですが。。。

1勝させてやりたいものです。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2020年7月29日

東京ヤクルトスワローズ   3-1  阪神タイガース 神宮球場
読売ジャイアンツ     2-3  横浜DeNAベイスターズ 東京ドーム
広島東洋カープ      2-0  中日ドラゴンズ マツダ

プロ野球 セリーグ 順位表  2020年7月29日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 巨人 32 20 10 2 .667 0.0
2 ヤクルト 33 16 13 4 .552 3.5
3 阪神 32 16 15 1 .516 1.0
4 DeNA 34 16 17 1 .485 1.0
5 広島 32 12 17 3 .414 2.0
6 中日 35 13 21 1 .382 1.5

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする