期待の星! 大型新人 村上宗隆選手がヤクルトでよかった!!

交流戦 移動日でお休みなので、日々期待が広がる 村上宗隆選手について、ちょっとお話してみます。

いやぁ、ここまで来ると 本物観が増してきます。

私つばめ一筋は、彼の打席が楽しみで楽しみで、「よくぞヤクルトに来てくれた」と、ワクワクしながら見ているってわけです。

バットスイングが鋭く、フルスイングで振り切っている積極性が 若者らしく、こじんまりまとまっていない姿勢が 魅力的です。

経験不足は当たり前で、試合でこれから積み重ねることが出来ます。

間違いを間違いとして捉え 何度も繰り返さなければ良い話です。

高卒2年めにしてはもかなりプロレベルに感じられ 19才の感じがしません。

持って生まれた身体能力を生かしトレーニングが適切だったのかと・・・

その点は、昨年のヤクルトスタッフの影の力も大きいと思います。

驚くべきは、新人にありがちな「単になんでも打ちに行く」をせず、「カウントと状況も含め考えたバッテイング」が出来ていること。

加えて選球眼も備えているように見えます。

守備では 内野での送球が経験不足ミスが多くまだまだ不適です。

高校ではキャッチャーだったので、内野が不出来でもまだ仕方がないです。

この1年は 1塁で守備の負担を減らしシーズンを経験させるのが BEST!

内野はすぐに上手くはならないし 天性の部分もあり 2・3年見極めが必要ですから。

そういう意味では、3塁ではなく途中から1塁にしたのは正解ではないでしょうか。

心配は 長いシーズンでの体調管理と 思わぬケガです。

高校野球とイースタンリーグの経験しかないのですから、長丁場でしかも4番・5番というのは、なんと言っても未経験の領域

体調を適切に管理し、思わぬケガさえなければ ホームラン30本、100打点も夢ではない!

なんといっても、山田哲人、青木宣親のツワモノがが前を打つので、出塁率が高いですから。。。フッフッフ・・・つい妄想・妄想・妄想

いずれにしても 暫くぶりの 長距離強打者です。

彗星のごとく神宮球場に現れた期待の星「村上宗隆選手」から、目が離せません!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする