バランスの良い西武打線相手に、ヤクルト惨敗

後半追い上げたものの、点差以上の惨敗です。

なんといっても 2回表の追加点好機を逃したのが痛い

つかみかけた流れを相手に渡す布石となってしまいました。

2回表、中村・山崎で粘って相手を追い詰めた満塁(ノーアウト)の好機に よりによって 廣岡大志選手

はっきり言って「なぜ」と思えるめぐり合わせ。

案の定 状況での打つべき球も絞れず最悪の結果(三振)

続く 藤井亮太選手も同様に完全に状況判断が出来ず 結果 浅い外野フライです。

ノーアウト満塁は最初のバッターがキーとなることが多いです。

結果無得点で 3回裏への布石となってしまった。

チャンスの後にはピンチがといいますが、チャンスをものにできなかったので言わずもがなです。

3回裏にミス(エラー)から 同点にされた段階で 流れを渡し、案の定 4回で簡単に決められてしまいました。

ちょっと辛口ですが(全くの個人見解)

廣岡・藤井さんの野球センスはかなり疑問????

特に廣岡さん なぜ彼を使うか 小川監督の考えが分からない

確かにショートの人材不足は分かるのですが。。。正直守りも 3回裏の守備(エラー)での対応は センスが余りにも???

守備での送球を見てもいささか基本への疑問が残ります。

打撃も ただ漫然と来た球を打っている感じ

暫く ファームで基本をやり直しでは・・ 使って育てるレベルではないのでは・・・

同じことは 相変わらず同じ事を繰り返す 高橋奎二投手も。

パワー不足か 2巡目で殆ど捕まっています。

明らかに球威が落ちる

しかもピンチで 動揺から気負いで 制球が悪くなり 自ら崩れるパターンは 毎度同じ

メンタル強化と制球をやり直さないと 何度やっても同じ結果か・・・

前日の 石川雅規投手を見ているだけに 全く・・・・・

ついでに 清水昇投手。

ここのところ 中継ぎで 数回見る機会があったので思うんですが、

球質が軽い感があります。

従って 少し制球が甘いと 簡単に持っていかれる感じ・・・

今一段の制球力がないと 連打を浴びる結果になってしまいそうです。

全く・・ 当面頼りになるのは 石川雅規投手だけ・・・

村上宗隆選手、最後に一発はさすがでしたが、ここのところ 少しタイミングが遅れているように見えます。

疲れかな?

この一発で 復活できればと思うのですが・・・

あ~あ、良い話が 見つからない・・・

今回の西武打線は 切れめなく 走塁、守備も良く 「バランスの良い見本」でした。

何人か貸してほしい位

あまりのことに、今日は、吠えてしまいました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする