昨日のつばめではない! 対西武、接戦を制しました

いやー 前回の日ハム戦に引き続き 石川雅規投手絶妙な ピッチングで勝利を呼び込みました。

絶妙の制球と配球、経験で完成されたピッチングでゲームを支配してました。

パワーピッチャー全盛の感の昨今ですが、前回に引き続き 良いものを見せて貰いました。

軟投だと打てそうで打てないので 相手は余計ストレスが貯まりそう

8回表、 やっぱり頼りになる青木宣親選手のホームランで、これで勝ったと思いましたが・・・

8回裏は、投球数以上にやはり疲れからか 少し制球が甘くなりピンチを招きました。

後をつないだ 梅野雄吾投手。

西武源田選手は粘って三振としましたが、後は連続押し出しと若さが出てしまいました。

やはりもう少し制球を磨き 経験も必要かと・・・・

しかし 西武中村さんは 満塁に強いですね・・・

9回 好調の我がヤクルトの中村悠平選手が、ノーアウトから出て望みをつなぎ、今日もタイムリーと好調の山崎晃太朗選手

相手のミスを呼ぶ送りバントを決めチャンスを広げ、代打の荒木貴裕選手がまたまたタイムリーで同点

最後は山田哲人選手がきっちり犠牲フライで逆転

9回は 石山泰稚投手がきっちり締めて、勝ムードの試合を勝ち切りました。

勝は マクガフにつきましたが 実際の処は石川さんが勝利投手

打線は 山崎・荒木・青木・バレンティンがいい仕事をしています。

特に山崎さん 中々攻守に光ってます。

気になるのは タイミングがずれ、調子が下降の山田さん。

そして、疲れが出たのか 振りが今一鈍い 村上宗隆選手。

ここが正念場、乗り越えてほしいです。

明日も 勝てるかは 先発の出来次第・・・・かなぁ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする