不甲斐ないなあー。。。つい怒りがこみあげて、またまた吠えてしまう自分が情けなく。。。

ヤクルト対ロッテマリーンズ交流戦2戦目です。

唯一の期待 石川雅規投手先発も 前回登板の制球を再び見ることは出来ず、全体に高めで 痛打されて

3回までに大量(4点)失点で ほぼ勝負ありの感(最近の試合は 予想外の展開になったためしが在りません)

さすがに今回は少しブレて 残念な結果でした。

あのレベルは中々続けるのは難しいですな

4回に粘りを見せ 連打+四球で 一点差に詰め寄るも

またまた すぐにいつもの様に すぐに2ランホーマーで突き放され やっぱり・・・・

ここで2・3つほど 感想を

山田哲人選手・・・申し分ないバッターですが 如何せん得点チャンスに打てない(得点圏打率 2割そこそこ)

今日の試合でも 4回の好機に打てず、現状ではそう好機は作れない打線ですから、

ここでは 一気に逆転まで持って行かないと。

チームリーダーとなるべき存在が、成り切れないのはこのあたりもあるのかもしれないと思います。

守りのピンチでも率先して内野リーダーの動きがなく、傍目には輪の中で核とはなっていない点も大きな課題?(どう見ても今の陣容では中心にならなければ・・・)

性格の問題かなあー

近藤一樹投手・・・ 前回(ソフトバンク)の時と全く同じ間違いはベテランらしからぬ内容です。

今回も思いっきりゲームを壊しました。

元々 ムラがあり、出してみないとわからない(若手ならいざ知らず)傾向が強く、

ほぼこのあたりが限界か(まさかの伸びしろも期待できませんし)

風張蓮投手・・・簡単に駄目押しされました。全く望みを断つ こんな結果を繰返していては・・・

新人ではなく結果をだす立場で、毎回これでは・・・(正直球の勢いは去年より落ちてます)

打線全体ロッテを見習うべきです。

・しっかり打つべき球が解って

・選球眼もしっかり

・甘い球が来るまで しっかり粘る

・ミート力しっかり

この4点のしっかりができる選手がつながっています。

ヤクルト打線は この内容が常時全体に出来ていないので、連打が出ず(出来たときは、つながりますが・・)

散発で、チャンスも必然少ない事に

そうなると、後は ホームランに頼る事になりますが。。。

ただ、今日の収穫は 中山翔太選手(3安打)・・ ガムシャラさが出てます。

奥村展征選手・・ 火が付いたか、なりふり構わず懸命さが見えてきました。(ただ 今一きめ細やかでは・・・いや、多くは望むまい)

打線は水物 投手から立て直したいところですが 希望の星は見えずです。

ここまで打たれるのは リードにも一旦の原因はあるかとは思います。

投手の質とリードは悪循環ですから。

いずれにしても こう滅多打ち(毎日16安打)では どうしたらいいか???

このごろ、交流戦2戦目は勝っていたのになぁ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする