パリーグなぜ強い?つばめ一筋的考察。この先を考えるほど落ち込むって。。。

交流戦中休み

本日よりソフトバンクホークス戦ですが、頼むから 3タテだけは勘弁して・・・

現在の 実力・調子等々からして 差があるのはわかっちゃいるけど、そこを何とか。。。

今年も やはりパリーグが優勢の交流戦、なぜかと 考えて見ました。

現時点(2019年6月18日午前)での、勝敗表です。

試合 勝率
福岡ソフトバンクホークス 12 7 3 2 .700
読売ジャイアンツ 12 8 4 0 .667 0.0
北海道日本ハムファイターズ 12 7 4 1 .636 0.5
オリックス・バファローズ 11 6 4 1 .600 1.0
横浜DeNAベイスターズ 12 6 5 1 .545 1.5
東北楽天ゴールデンイーグルス 11 6 5 0 .545 1.5
埼玉西武ライオンズ 12 6 6 0 .500 2.0
中日ドラゴンズ 12 5 7 0 .417 3.0
阪神タイガース 12 4 6 2 .400 3.0
東京ヤクルトスワローズ 11 4 7 0 .364 3.5
千葉ロッテマリーンズ 12 4 8 0 .333 4.0
広島東洋カープ 11 3 7 1 .300 4.0

勝率5割以上では、パリーグが5チーム入っています。

強さの理由を、私なりに考えてみました。

かなり前から 「人気の 実力のパ」と言われては来ましたが。

以前(30年も前)は パの野球は個人の力が主で 言わば野武士的強者が多く、余り細かな事は気にしない 雰囲気でした。

それが 時代とともに きめ細かな野球をするチームが多くなり リーグ全体が洗練されて来ました。

加えて 球団母体もどんどん新しい分野の企業が担い(従来は 鉄道、新聞などが主)、考え方も新しくなって来たように思います。

セリーグは、横浜以外親会社がしばらく変わっておらず、大きな改革は難しいのかもしれませんね。

現在は 全体的に の選手に いわゆる走攻守3拍子そろった選手が多く、尚且つ 基本に忠実先を狙う走塁きちっとした返球(み、耳が痛い!)など、セより精度が高い内容です。

結果 オールジャパンは パリーグが主力になるわけで、知名度が上がり、人気も上昇し、ファンもついてくる有様。

しかも「自球団で 若手を育成し、それが成功している」これは大きい!

トレードに余り頼っていない」ところに 大きな差がついて来ている感じです。

生え抜きとなれば、指令系統や意思の疎通がしっかりとし、加えて球団に対するロイヤリティ忠誠心とでも言ったらよいかもですが)を持ちやすく、メンタルでの踏ん張りも期待できます。

ペナントでは、リーグ全体がこのような雰囲気で切磋しているので、セリーグ中でこれに近い 広島カープでもなかなか勝てない様な気がします。

実際、広島の調子も少し下降気味ですし。。。交流戦は現時点で我がヤクルト4勝広島3勝。。フッフッフ・・・安心している場合じゃない!

パリーグの優勢は当分揺るがないかと

しかし、交流戦勝率7割って、ソフトバンクホークス強いデスワ。。。この先を考えるほど落ち込む自分

贅沢は言わない!

せめて1勝は上げたい!!

スワローズよ、ファイトだ!! 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする