最終盤 しぶとく粘りを見せ 今までとは少し違って来た!・・・でも、やっぱ、負けた・・グっ

ヤクルトスワローズ対ソフトバンクホークス交流戦一日目。

今までになく頑張りましたが、一歩及ばずの内容でした。

振り返れば、 ゲーム展開が 今までの負けるパターンそのものだったというオチで。。。

2回表、松田宣浩選手にものの見事に 決め打ち(ホームラン)された一点でしたが、

1,2回とも 芯で捕らえられた当たり 正面をつき ダブルプレーでしのぐ際どい展開でした。

3回に 相手の松本裕樹投手の若さからの 2つのエラーで 一点貰い(ラッキー!)ましたが、

ここで 山田哲人選手が打つべき球だったか?  あの球。。外のスライダー。。明らかに内野ゴロ狙いの。。あぁ

結果ダブルプレー勝ち越しの好機を逸してしまい、返す返すもここが痛い

このところの攻撃のパターンです。

追いつくも逆転出来ず 主導権を握れないw

案の定 4回にすぐ またまた松田宣浩選手に 技ありの打撃でホームラン(2失点)、

2ホームラン共に「力では無く、中々の技術で打った」 見事な打撃でした。

さらに 連打スクイズでやっては行けない追加点(ホームランの後の追加点は効くからね、こらえてくれなくちゃキツイです)

5回に2アウトから粘りを見せ 山田、青木がさすがのタイムリーで一点差で希望を繋ぐも・・・

6回 またまた絶対に得点を与えては行けない処で あっさりホームランで ムードをぶち壊し

兎に角 ここのところ常に「取ってもすぐ取り返される最悪パターン」

結果的には コレが ソフトバンク戦での致命傷となってしまいました(泣)

9回裏、1アウトとなり下位打線、もはや終了かとあきらめそうになったところで、 ルーキー甲斐野央投手の経験不足が露呈し、思わぬ「手に汗握る展開」に!

今日良い仕事をしている宮本丈選手や 期待に応える荒木貴裕選手でチャンスメイク

西田明央選手の「ほんの少しタイミングがずれた 惜しい大ファール」であわや・・・・(ああー)

2アウトになりながらも、山田哲人選手・青木宣親選手が、「さすがの四球」で追い詰め、手に汗握る「9回裏、2死満塁

見るほうも思わず前のめりに!

「頼む、ここだけは打ってくれ! 何なら選んでファーボールでも良いから」

雄平選手に思いを乗せるも、結果的には 今までの悪いパターン通り、「先制され追いつけず 、追加点で離され、終盤詰め寄るも後一本がでず」でした。

とはいえ、最終盤に逆転チャンスまで持っていく粘りは 今までには無かった!

次ぎに希望を持たせる内容でした。

負けてはしまいましたが、後味の悪さはそれほどでもなく、今日の第2戦が楽しみです。

それにしても、ゲーム展開は点差以上で、「ソフトバンクはやっぱ強い!

さすがの展開でした。

工藤公康ファンの妻がベンチを見て喜んでいて・・チッ、やられた