山田32号3ラン、オスナ11,12号2ランも攻めきれず 救援陣が崩れ痛い連敗 ヤクルト現状最大の弱点浮上

9月30日   対  横浜DeNAベイスターズ

R H E
横浜 1 0 1 0 0 0 2 0 3 7 12 0
ヤクルト 0 1 3 0 0 0 0 0 2 6 5 0

ヤクルト サイスニード、星知弥、田口麗斗、H清水昇、マクガフ、大下佑馬 – 中村悠平
DeNA 宮國椋丞、H伊勢大夢、エスコバー、山﨑康晃、S三嶋一輝 – 戸柱恭孝、山本祐大

オスナ2本の本塁打

試合の主導権を握れきれず、救援陣も圧力に耐えきれず痛い連敗でした。

序盤に山田哲人選手の3ラン一発で逆転に持っていきましたが、それ以降は全く攻めきれませんでした。

徐々に相手の攻撃の圧力に救援陣が耐えきれず押し切られた感じです。

中盤に追加点を取れば試合の主導権を握れたかも知れません。

9回の攻撃を残しての3点差は大きく、オスナ選手の2ランで1点差まで追い上げましたが詰め切れませんでした。

ホームラン3本以外は2安打ですからこれでは勝は難しいとも思います。

先発サイスニード投手

サイスニード力投

変化球が高めに入りかなり危なっかしい内容でした。

ストレートは今まで通り力がありましたので、6回を投げきり役目は果たしました

ただ前日の流れからはDeNAに先制はされてはいけないところ。。。初回に2アウト後、スライダーが高めに入って牧選手にホームラン。

この先制は1点ではありましたが、試合としては序盤に追いかける形で先日の終盤の勢いを削ぐ大きな一点でした。

打線は全体に今一つ集中力に欠ける感じですが、特にサンタナ選手の荒さ塩見選手の調子の波の大きさが目立った感じです。

サンタナ選手相当疲労が溜まって下半身に来ている感じで、球を追いかける不調のパターンです。

ただ、オスナ選手の当りが戻ってきたのは救いだと思います。

4打数3安打、うち2本がホームランでいずれも重要なポイントで打っています。

これを機に復活してくれると良いのですが。。。

救援陣も踏ん張れたのは清水投手のみでした。

結果からは、現状のヤクルト最大の弱点<クローザー>が浮上した感じです。

マクガフ投手。

マクガフ

登板数からも疲れは解ります。

登板間隔を開けても状態は変わらない、言わば平均値が落ちているように思います。

やはり優勝を狙うためにはクローザーの安定は不可欠。

優勝チームには絶対的クローザー居るもの、これは不可欠要素です。

今の状態では、ある程度の失点ありを覚悟の起用となります。

すなわちある程度落とす試合が出ることとなります。

石山投手が戻りきらない現状。

この時期に経験の浅い救援陣からの配置転換は出来ませんから、このままいくしか無いのですがさて監督はどうするのか?

ヤクルト、勝つためにはやはり打ち勝つ繋いで上手く得点を取って行くしか優勝の道はないかもしれません。

次は広島、この負け越しで阪神・巨人戦を前に重要さは増してきました。

広島戦は原樹理投手が先発します。

原樹理投手

対する広島は大瀬良大地投手です。

原投手は今季後半は良いピッチングを見せています。

そのまま頑張って欲しい。

打線はさすがにこのままではまずいのですが、相手が大瀬良投手なので一抹の不安はありつつ奮起を期待します。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2021年9月30

東京ヤクルトスワローズ   6-7   横浜DeNAベイスターズ 神宮球場
阪神タイガース       4-5  広島東洋カープ 甲子園
中日ドラゴンズ       1-0 東京読売ジャイアンツ バンテリンドームナゴヤ

プロ野球 セリーグ 順位表  2021年9月30日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 ヤクルト 120 60 44 16 .577 0.0
2 阪神 123 65 51 7 .560 1.0
3 巨人 125 57 51 17 .528 4.0
4 中日 126 50 60 16 .455 8.0
5 広島 122 50 61 11 .450 0.5
6 DeNA 124 48 62 14 .436 1.5

またもやお付き合い良く阪神も巨人も負けてくれました。

甲斐球団の踏ん張りが目立ちます。

山田哲人選手 32号3ラン

山田哲人32号3ラン

山田哲人選手は、3回に一時逆転となる32号3ランを放ちました。

「打ったのはフォークです。点を取られた後だったので、何とかすぐ取り返したかった。最高の形になってくれて良かったです」とコメントしています。

DeNA先発宮國投手の3球目、真ん中低めの133キロカットボールを、左翼スタンドにライナーで叩き込みました。