9/15 対横浜 石川またしても打たれ、トンネルに入った感じで連敗脱せず

9月15日

ヤクルトスワローズ 3-8 横浜ベイスターズ

R H E
横浜 2 0 1 1 0 1 0 3 0 8 10 0
ヤクルト 0 2 0 0 0 1 0 0 0 3 6 2

すっかりトンネルへで。。。勝が見えません

ここのところ投打噛み合わずの状態で、中々思うような試合展開に持っていけません。

石川雅規投手先発、石川雅規投手

上手く打たれた事もありますが、全体では持ち味を全く出せず試合は作れませんでした。

自分のペースに中々引き込めなかった感じです。

総じて今シーズンは、開幕当初はそうでもなかったのですが、ここの所は自分のピッチングが出来ない状態です。

少し気力も落ちている感じがしますし闘志も余り感じられません。

何か淡々としている感じです。

最近とこの試合を見ると、生命線の制球、変化球の切れ、上手い配球が見られず、残念ながらそろそろ「限界」と感じる事があります。

最近では得がたい「軟投型」で貴重な存在なので頑張って欲しいのですが。。。

中継ぎ救援陣も、「ピシャリ」と抑える事が出来ず、ずるずると離される最悪の展開です。

内容はどうあれ抑えきる事が出来ません。

兎に角続かない。

一人は良くとも次は駄目で計算出来ない状況で、流れを相手に完全に渡す事になってしまいます。

打線も、ファームとの入れ替えを盛んに行いますが。。。ある意味致し方なくやっているのだろうと思います。

しかしながら中々結果は得られず、底上げも出来ていません。

とっかえひっかえ上げますが定着出来ず今に至ります。

レギラー格と言えるのが、坂口、山田、青木、村上選手だけとも言える状態です。

今回も青木選手の14号坂口選手のタームリーがあっても後続が続かず、勝ちに結びつきません。

さらに今年は、ホームランの出やすい神宮を本拠地にしている割に、ホームラン数がリーグ5位となっています。

バレンティンを出したとしても、かなり少ない数字です。

勢い付かない要因でもあるかもと思います。

村上宗隆選手この試合で更に気になったことは、村上宗隆選手。

8回にエラーがありました。

近藤投手の送球エラーも、内容はサード村上選手の捕球体勢のエラーです。

つまりダブルエラー。

結果致命的な3点を失う訳ですが、エラーと言う結果以上に村上選手に「隙、緩み」を感じました。

誰もが認める今シーズンの成績で成長著しいのですが、余りに順調で「慢心」とは思いませんがほんの少しでも「隙、緩み」が出ているのではと思います。

本人はそんな気持ちは無くとも、無意識のうちにと感じられます。

順調過ぎなので、隙が出ても可笑しくは無いと言えます。

特に、終盤に入り結果が見えてくると出やすいところです。

全体に覇気がなく淡々と負ける「負け癖

嫌な表現ですが、これだけには染まらないで欲しい

歳内宏明投手今日先発予定の歳内宏明投手

果たしてどのくらいの力なのか。。。強力なDeNA打線をどこまで抑えれるのか未知数です。

しかしながら、先発陣がこのような状態なので、新しい風打撃陣の気持ちを切り替えるにも良いと思います。

まだ27歳

新天地ヤクルトで頑張ってほしいものです。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2020年9月15

東京ヤクルトスワローズ     3-8    横浜DeNAベイスターズ 神宮球場
広島東洋カープ       6-3   中日ドラゴンズ マツダスタジアム
読売ジャイアンツ         6-3    阪神タイガース 東京ドーム

プロ野球 セリーグ 順位表  2020年9月15日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 巨人 72 46 22 4 .676 0.0
2 阪神 73 36 33 4 .522 10.5
3 DeNA 75 36 34 5 .514 0.5
4 中日 76 33 38 5 .465 3.5
5 広島 73 28 37 8 .431 2.0
6 ヤクルト 73 26 41 6 .388 3.0

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする