阪神戦は不安で一杯 サイスニードは阪神好調打線を抑え切れるのか。。。やっぱ、不安

ヤクルト、ジャイアンツ、ファイターズに続いて広島カープから感染者がでました。

4球団目となります。

今季只でさえ調子が出ない広島。

最も当っている菊池選手を欠くことは、踏んだりの状態になってしまいました。

ただどの球団でも起こりうる昨今の状況

残りの選手の奮起の機会となればと思います。

ヤクルトは残りの選手が奮起して何とか凌ぎましたから。

今日から甲子園で阪神戦です。

サイスニード一戦目はサイスニード投手が先発しますが、前回の内容からは不安が一杯です。

初登板で慣れなかったとはいえ、4回、打者20人、81球、被安打5、被本塁打1、奪三振3、与四球4,失点3と、思いがけず大荒れの結果でした。

球威が思ったより無くて、制球もままなりません。

助っ人なはずなのですが。。。

1週間で調整できたものなのか。。。不安です。

前回はジャイアンツでした。

今回は阪神です。

好調阪神打線を抑えきるのはかなり難しそうです。

いきなり勝負有りと成らないことを祈るばかり。

5回まで僅差ならば万々歳かと。

このカードを負け越すようですと、阪神独走の最大の功労者となります。

ここは何としても奮起を・・・相手西投手で難しいのですが、打ち勝つしか活路は無いかもです。

この不安を払拭してくれる試合展開となりますように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする