サイスニード好投で難敵阪神を粉砕 打った、打った、打った!

5月18日  対  阪神タイガース

R H E
ヤクルト 0 2 0 0 3 4 0 3 2 14 15 0
阪神 0 0 0 0 1 2 0 0 0 3 6 0
バッテリー
ヤクルト サイスニード、梅野雄吾、清水昇、坂本光士郎、吉田大喜 – 中村悠平、嶋基宏
阪神 西勇輝、小野泰己、守屋功輝、桑原謙太朗 – 梅野隆太郎、坂本誠志郎

ここまで全く勝てなかった阪神を粉砕した快勝でした。

西勇輝予想は阪神有利かと思いましたが、西勇輝投手の考えられない制球難に上手く付け込んだ感じです。

制球難といっても、際どい所がほぼ取ってもらえない事もあってでしたが。

ヒットでチャンスを作り、押し出し、内野ゴロで得点と渋い点の取り方で先行しました。

その後も西投手、修正を試みる感じでしたが。。。

中々本来の制球が戻らず、5回には集中打で理想的な追加点となりました。

阪神は勝ちパターンの投手以外での継投とならざるを得ないところで、引き継いだ3投手がことごとく制球が悪く不調でした。

勢い付いて気持ちが楽になったヤクルト打線を抑えきれず、崩壊となってしまいました。

4投手で13四死球はさすがに試合になりません。

好調の阪神の弱点の一つ、勝パターン以外の中継ぎの脆さが露呈したとも言えます。

5月18日先発サイスニード先発のサイスニード投手。

前回登板とは全く別人の感じでした。

日本では投手は低めへの投球が基本ですが、此れとは全く異なるスタイルで高目へ威力のある投球のスタイル。

此れにはさすがに面食らっちゃいました。

恥ずかしながら、日本の常識で見てました。

この試合は前回に比べ思い切っての投球球威もあり、高め勝負という自分のスタイルを生かした感じです。

正直前回の投球は不安がいっぱいでしたが、日本では余りない高め勝負は球威があれば結構いけるかも知れません。。。パワーピッチャーのメジャーではよくあるスタイルです。

点差があったので、少なくとも7回あたりまではと思いましたが、まだ2回目の登板なので早めに降ろした感じです。

5月18日サイスニードヒーローインタビューただ5回あたりから球威が落ち始めたところは気になりますが、徐々に伸ばせればと思います。

スタミナはありそうです。

ヤクルトは6回の壁が越せない投手が多いので、是非超えてほしいものです。

攻撃面でのポイントはやはり5回の山田哲人選手のタイムリー

山田タイムリー

前進守備に対し上手く間に持って行った軽打でしたが、この追加点で以降の流れを作りました

5月18日村上5回ヒットたたみ掛けてヒットで続いた村上選手もですが。

山崎晃大朗選手の二塁打を皮切りの5回。

中村悠平選手の犠打直後を山田選手がタイムリー

続いて村上選手ヒット

オスナ選手レフトフライで青木宣親選手が四球。

そして、サンタナ選手のタイムリー二塁打

相手投手の出来もありましたが、勢いは止まらなくなってしまいました。

サンタナ選手

5月18日サンタナ

少し日本の投手に慣れた感じになってきました。

3打数3安打、1四球、5打点の猛打賞。

打ったヒットが全て2塁打というブラボーな内容でした。

サンタナ捕球走るのが苦手そうですが、3度も2塁に激走し、大きな力となってくれました。

また、守備も頑張り、取りこぼしませんでした。

5月18日並木初安打代走、守備要員で中々打席に立てない並木秀尊選手

5月18日並木初安打、初打点この試合展開で早めに出る形となり、打席にも立ちました。

試合は決まっていましたがしっかり振り切って初安打、初打点。

この前のファインプレーのご褒美が来た感じです。

いろいろな展開がありすぎ、すべてを記すことはできません。

村上宗隆選手の12号も霞んでしまう勢いです。

このホームランについては村上宗隆選手 ホームラン記録 2021にまとめてあります。

村上12号

村上12号ソロ 出典デイリースポーツ 撮影高部洋祐

ようやく自縛から解放されましたので、何としてもこのカード勝ち越しを。

田口麗斗このところ安定感がでてきた田口麗斗投手に期待。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2021年5月18

阪神タイガース      3-14  東京ヤクルトスワローズ 甲子園球場
東京読売ジャイアンツ   7-2   広島東洋カープ 東京ドーム
横浜DeNAベイスターズ   1-5   中日ドラゴンズ 横浜スタジアム

プロ野球 セリーグ 順位表  2021年5月18日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 阪神 41 27 12 2 .692 0.0
2 巨人 42 22 14 6 .611 3.5
3 ヤクルト 39 18 14 7 .563 2.0
4 広島 40 15 20 5 .429 4.5
5 中日 42 15 21 6 .417 0.5
6 DeNA 44 11 27 6 .289 5.0