11/6 大技小技を絡めて勝利 廣岡まさかのセーフティスクイズで試合を決める

11月6日

ヤクルトスワローズ  5-4  中日ドラゴンズ

10 R H E
ヤクルト 2 0 0 1 0 0 1 0 0 1 5 6 1
中日 0 0 0 0 2 0 0 2 0 0 4 9 1

若手が活躍しての勝利となりました。

残り試合が少なくなってのこの時期です。

記録の掛かる選手以外は、来期に向けた戦力の検証中心の起用となります。

共に「らしい」ラインナップでの試合でした。

高橋奎二投手先発、久しぶりの高橋奎二投手

5回2失点ですから「まあまあ」の感じでした。

内容的には今までと余り変わらない感じで、未だ制球には苦労しています。

5回でほぼ100球。

制球力と球数を考えた攻めが課題としては変わらない印象が残りました。

それでも3回の満塁を粘って凌いだ当たりは少し前進かもしれません。

振り返れば、制球が決まらなかった割には四球は2とそれほどでもなく、三振7ですから評価できます。

打撃陣。

塩見泰隆選手塩見泰隆選手が1回いきなりの7号2ランでした。

やはり長打力は魅力です。

今少し粘りが出ればかなりレギュラーに近付くのですが・・・

選球眼+読みの勝負となります。

一軍と二軍とは投手の力も捕手の配球も違います。

一流と勝負していくうちに培う部分は大きく、そういう意味ではこのところの試合を糧にして、来期こそ一軍定着を果たして欲しいと思います。

廣岡大志選手廣岡大志選手

刺激されたか遅れじとホームラン。

塩見選手と同じ7号でした。

やはりこちらも同じことが言えます。

確かに共にホームランボールを打った訳ですが、やはりホームランを打つ力がなければ打てません。

つまり、打てる素地が有る選手と言えます。

加えて10回、渋くスクイズを決めた所も評価出来ます。

それが決勝点となりました。

廣岡スクイズで決勝点201106

廣岡スクイズで決勝点 出典ヤクルト公式サイト

廣岡選手の今シーズンは、内野も外野も小技もと、貪欲さが少し出て来た辺りも評価出来ます。

残り3試合となりましたが、宮本、塩見、廣岡選手をこのまま使って行ってほしいところです。

今日はジャイアンツとの試合。

小川泰弘投手が今シーズン最後の登板となります。

このところあまり良いところなく終わっていますから、最後はピシャっと締めて欲しいと思います。

FA取得で居住が注目されていますが、後半の出来を引きずって終わるのは印象的に最悪ですから。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2020年11月6

中日ドラゴンズ     4-5   ヤクルトスワローズ ナゴヤドーム

プロ野球 セリーグ 順位表  2020年11月6日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 巨人 116 65 43 8 .602 0.0
2 阪神 117 58 52 7 .527 8.0
3 中日 119 59 55 5 .518 1.0
4 DeNA 118 55 57 6 .491 3.0
5 広島 117 51 54 12 .486 0.5
6 ヤクルト 117 40 67 10 .374 12.0

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする