ほぼ完璧な投球の奥川4回降板で、何があった?

3/29 ヤクルト対巨人 試合結果

R H E
巨人 0 0 0 1 0 4 0 0 0 5 3 0
ヤクルト 1 0 0 0 0 0 1 1 0 3 9 1

バッテリー

ヤクルト 奥川恭伸、H大下佑馬、坂本光士郎、大西広樹、木澤尚文 – 古賀優大、内山壮真
巨人 戸郷翔征、畠世周、H鍬原拓也、S大勢 – 大城卓三、小林誠司

内山タイムリー2022/03/29

3月29日  対 読売ジャイアンツ

本拠地開幕戦でしたが、結果的には自滅負けとなりました。

先発奥川恭伸投手

奥川恭伸投手

満を持しての登板です。

準備怠りなしと感じる、ほぼ完璧な投球と思いました。

組み立て、制球、キレ、走りどれも良い感じで、今季も期待できると感じる内容でした。

4回までで降板はさすがにびっくり。

投げきっての降板なので、どこかの違和感だと思います。

この様な形はアクシデントしか考えられませんので、これはまずいことに・・・・

試合後監督からは、「変わる理由があっての降板、次回は予定通り」というコメントでした。

内容が具体的でないだけに心配です。

違和感+寒さで無理せずかなとも思ってしまいます。

2番手大下佑馬投手

大下佑馬

前回は勢いづいた相手に付けこまれましたが、今回は相手が勢いづいていないこともあり、無難な投球となりました。

状態が良かったので大下投手が2イニング位行くのかと思ったのですが、川端選手を代打に使って投手交代となりました。

3番手坂本光士郎投手

坂本光士郎

ビハインドゲームの継投が主な役割でしたが、ステップアップのチャンスを与えブルペンの充実を試したかった感じの継投です。

しかしながら折角のチャンスを逃す内容で終わってしまいました。

結果を導いた経過が悪すぎました。

何時もですが入りがまずく連続四球

しかも明らかなボール連発とチームのリズムを悪くする立ち上がり。

続いていささか緩慢な自身の守備でのフィルダースチョイス

これで無死満塁になってしまいました。

ここで進退窮まってようやく開き直って攻めに行って岡本選手を三振。

このあと上手く内野ゴロ 併殺で無事終わるかと思ったらタイムリーエラーときました。

まあエラーは問題ですが、これを生んだ遠因は四球連発でのピンチの招き方だと言えます。

リズムを壊したことが効いています。

飛んだところがこの様な緊張した場面の経験の浅い長岡選手だったことも不運でしたが、これで1失点。

次の丸選手が初球打つべきでない球で内野ゴロ(相手に助けられてラッキー)2アウト。

次の松原選手が打ち気にはやって簡単に2ストライクと追い込みながら、制球の甘さ+抑えきれそうな気持ちの部分があってボール2つとなってしまいます。

満塁を背負っているピンチの状況は変わりません。

これによって追い込まれてしまい、制球力には自信がありませんから、ストライクを取りに行く甘い球を投げてしまいました。

ピンチの招き方から足を引っ張られたとはいえ、粘り切れない内容でした。

投球に緩急を付ける持ち球+ゲームへの入り方が必要かもしれません。

今さら劇的に制球は改善しないので・・

阪神戦初戦に続いて、失点のミスの長岡秀樹選手

今回は併殺を意識して大事に行き過ぎてのミスの感じです。

技術というより気持ちの持ち方の問題

ピンチで如何に平常心で普段通り出来るかを、痛い経験から学ぶ段階です。

とはいえ以降の打撃ではそれを跳ね返す内容でしたからここは評価できます。

村上選手の始めの頃の感じと似ています。

何しろ、跳ね返せないと終わってしまいますから。

ベンチで下を向いてはいませんでしたので、心に刻んだ大きな勉強となったように思いました

最後に登板したのは、一軍初登板の木澤尚文投手でした。

木澤初登板2回無失点2022/03/29

良い球と悪い球(明らかなボール)がはっきりして、良い意味で荒れていた感じです。

適度の荒れは武器ですから。

今回はランナーを出しませんでしたので課題の「走者を背負っての投球」は見られずでした。

とは言え、結果が重要な段階ですから2イニングを抑えれたことは大きな前進です。

チームとしては一つの収穫となりました。

高津監督も「もうちょっとバタバタするかなと思ったけれど、すごいいいピッチングだった。これを続けていくことが大事」と期待のコメントを寄せています。

木澤尚文

これからは長いイニングを繋げるポジションを取れるか、結果の積み上げのところです。

目標の開幕一軍を達成し、次には年間通じての一軍を新たな目標としたようです。

コツコツ頑張って欲しいと思います。

6回に4失点を失いましたが、それで終わらず7回、8回と加点しました。

若い力で加点できたのは喜ばしいことです。

7回は先頭・サンタナ選手の四球、長岡選手の安打などで、2死1,3塁となりました。

代打の内山壮真選手がセンターへタイムリーで1点。

内山タイムリー

8回は山田選手の二塁打、村上選手の四球、サンタナ選手の安打などで満塁となりました。

ここで長岡選手が内野ゴロを放ち、1点を返しました。

中田選手の好捕で内野ゴロでしたが、打球は安打性でした。

相変わらず打撃の状態は良いと感じました。

負けはしましたが、収穫のある負けだったと思います。

さて、いよいよ今日は石川雅規投手の登板です。

相手はメルセデス投手

石川雅規 VS メルセデス

石川投手には今季こそ打線の援護を!

プロ野球 セリーグ 試合結果 2022年3月29

東京ヤクルトスワローズ   3-5   東京読売ジャイアンツ 神宮球場
中日ドラゴンズ      0-4  横浜DeNAベイスターズ バンテリンドーム
広島東洋カープ      3-2  阪神タイガース マツダスタジアム

プロ野球 セリーグ 順位表  2022年3月29日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 広島 4 4 0 0 1.000 0.0
2 ヤクルト 4 3 1 0 .750 1.0
2 巨人 4 3 1 0 .750 0.0
4 中日 4 1 3 0 .250 2.0
4 DeNA 4 1 3 0 .250 0.0
6 阪神 4 0 4 0 .000 1.0

まさかの成功?つば九郎空中くるりんぱ

おなじみ空中くるりんぱですが、まさかの成功か。

前に置いたスワ九郎の頭にすっぽりの珍事に、今年の縁起を担いでしまいたくなりました

つば九郎空中くるりんぱ成功か

まさかのつば九郎空中くるりんぱ成功案件 出典毎日フォト(毎日新聞写真部)撮影・梅村直承

この写真を見ますと、実に綺麗に収まる瞬間で、撮影も見事ですね。