山崎、元山の1‐2番が機能し最後は突き放す。盤石の救援陣と打撃の大技小技でカード2勝1分け

4月22日  対 広島東洋カープ 3戦目

R H E
ヤクルト 0 1 2 0 0 1 0 3 0 7 8 2
広島 0 1 0 1 1 0 1 0 0 4 11 1
バッテリー
広島 遠藤淳志、コルニエル、森浦大輔、中田廉、塹江敦哉、藤井黎來 – 會澤翼
ヤクルト 金久保優斗、H梅野雄吾、H今野龍太、マクガフ、H近藤弘樹、S石山泰稚 – 古賀優大

再三にわたり追いつかれましたが、最後は新しい組み合わせの1,2番の活躍で逃げ切りました。

また、全体として投打の脇役それぞれが良い働きをし、チーム力での勝利だったと思います。

これでこのカード、2勝1分けと負けなしで神宮に戻れます。

試合スタートは両先発が共に今一の出来で、序盤から落ち着かない試合となりました。

広島遠藤淳志投手

制球定まらず5四球、ヒット2本でしたが共にホームラン。

ボール先行でフルカウントが多く、危なっかしい内容で3回降板。

以降の投手起用の計算を苦しくさせる結果でした。

この不安定さでは以降の起用に躊躇いが出ると思います。

2番手のコルニエル投手が3イニング頑張って何とか試合を作った感じです。

さすがに3イニングは負担が大きく最後は少しバテた?

金久保優斗ヤクルト先発金久保優斗投手投手

結構甘い球が多かったのですが球威で何とか凌ぐ内容でした。

ただ弱点のセットポジションでの制球が悪くなるところと,

クイックが甘いところはどうしても球数を増やし、長いイニングを投げきれない事になります。

この試合も結局4回2/3でと救援を一枚多く投入する結果でした。

球威は昨年よりは出ていますが、セットでの投球を見直さないと安定したローテーション投手にはなり切れない感じです。

4月22日近藤救援救援陣は安定した内容で特に近藤弘樹投手の安定感が際立っています。

言葉は悪いがほんと良い拾い物です。

楽天戦力外でトライアウトでの獲得。

楽天はホントにいらなかった?

今の彼の活躍を予想出来なかったのでしょうね。

長谷川、今野、近藤と移籍組が活躍していますが、逆に自前が中々育っていない現状を感じます。

それはそれで問題なのですが。。。

4月22日梅野ただ、このところ防御率0.00梅野雄吾投手

5回2アウト1,3塁で救援し、三振に切って取りました。

ここの追加点を防いだのは大きく、影の功労者と言えます。す。

今年は一つ吹っ切れたものがあるように思います。

打線。

この試合は脇役の活躍が光った感じです。

何と言っても山崎晃大朗選手

山崎決勝3塁打

山崎決勝3塁打後の生還 出典ヤクルト公式サイト

4月22日山崎スリーベース

決勝打も光りますが、2四球と粘りの打撃チャンスメイクが大きいと思います。

このところ良い当たりが多く好調と感じます。

前日8番起用でしたが、今日は1番復帰で素晴らしい活躍でした。

初めて2番の元山飛優選手

大技小技で3打点は良い働きです。

不調の西浦選手を守備要員に追いやった感じです。

まずは3回表の2ランホームラン

4月22日元山2号HR

そして8回表のスクイズ

元山スクイズ

初球キッチリ決め、広島予想外か動けず、三塁の山崎選手が生還しました。

このダメ押しで、試合の行方は完全にヤクルトが優位に立ち、あとは継投で逃げ切ることができました。

ちょっとモロさがある塩見泰隆選手ですが大活躍でした。

塩見先制HR

この試合はホームラン、ファインプレー、セーフティと特長が出せました。

特に最後9回表のセーフティは良かった

点には成りませんでしたが、相手にプレッシャーを与え続ける効果は大きいものがあります。

代打の川端慎吾選手

代打で6回、8回と出場。

6回はレフト、8回はライトへの安打でした。

川端レフト安打 川端ライト安打

良い繋ぎをした8回のヒットは、代走の並木秀尊選手が生還して貴重な点を生み出しました。

2安打共に左に右にと上手さが出たらしいヒットで、強力な代打要員です。

ほんとはもっと出てほしいのですが、体調もあると思うので。。。

今年は1年健康で過ごして欲しいと思います。

元気で健康ならば、彼の場合は安打がガンガン付いてくるので、期待です。

広島3連戦最終日は、主軸ではなく脇がフォローした攻撃陣でした。

奥川恭伸さて、今夜は神宮に戻り奥川恭伸投手が登板します。

前回は雨の中、打たれ打たれながらもプロ初勝利を手にしました。

奥川投手が投げると、攻撃陣もなぜかテンションが上がるので、今夜も打ちまくって欲しいと思います。

中日は松葉貴大投手。

どうやっても打てないというような大野投手とは違うので、勝機はあるはず。

ここは、中日戦まず1勝を!

プロ野球 セリーグ 試合結果 2021年4月22

広島東洋カープ                4-7  東京ヤクルトスワローズ マツダスタジアム
横浜DeNAベイスターズ   0-1  中日ドラゴンズ 横浜スタジアム
東京読売ジャイアンツ     8-3  阪神タイガース 東京ドーム

プロ野球 セリーグ 順位表  2021年4月22日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 阪神 22 16 6 0 .727 0.0
2 巨人 24 13 7 4 .650 2.0
3 ヤクルト 22 10 8 4 .556 2.0
4 広島 23 10 11 2 .476 1.5
5 中日 23 8 11 4 .421 1.0
6 DeNA 24 3 17 4 .150 5.5