スアレス VS 床田 互いに譲らず投手戦。打線は決め手を欠き救援陣も勝敗付かずの引き分けに

4月21日  対 広島カープ

R H E
ヤクルト 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 5 1
広島 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 8 0
バッテリー
広島 床田寛樹、H中田廉、H塹江敦哉、栗林良吏 – 會澤翼
ヤクルト スアレス、H清水昇、Hマクガフ、石山泰稚 – 中村悠平

前日に続きお互いあと一本が出ない、なんとも消化不良的な試合となりました。

スアレス VS 床田は、互いに譲らず投手戦に。

打線は決め手を欠き救援陣も勝敗付かずでした。

両チームの投手陣が持ち味を出しよく堪えたとも言えます。

床田寛樹広島は、先発の床田寛樹投手が良く、なかなか崩せませんでした。

5回終了まで、ヒットは塩見選手と山崎選手の2本。

6奪三振と好投されてしまいました。

栗林良吏また、クローザーの栗林良吏投手の安定感が光りました。

新人ながら、ストレートに力があり変化球の切れも良く加えて制球力もあります。

中々ヒットは難しい感じです。

スアレス先発スアレス投手

制球力を球威で補うまあ何時もの調子と言える内容でした。

ただ制球力の不足は、やはり安定感と言う面では常に不安が付きまとう感じは否めません。

特にプレッシャーが掛かると更に制球は不安定になります。

そのため、ちょっと「綱渡り」の感じが強くなってしまいます。

この試合は6回の満塁のピンチを1失点で切り抜けました。

フルカウントで際どい所をストライクと取ってもらって救われた感じです。

渾身の1球でした。

とは言え6回を1失点で投げ切りましたので、役目は十分果たしたと言えます。

お疲れ様でした。

勝パターンを連投させる結果になりましたので、負けはしませんでしたが痛し痒しと言えます。

タイムリーの青木宣親選手

4月21日青木タイムリー

青木タイムリーで先制 出典ヤクルト公式サイト

やはりここぞでは期待に答えてくれます。

その意味で現状では5番は適任と思います。

村上宗隆このところ当たりの止まっている村上宗隆選手。

この試合はらしくないスイングが目立ちました。

つい手が出た感じもあり少し迷いも感じます。

こうなると不思議に好機で回ってくるのも野球です。

気分転換は上手い方と思いますので、まあこんなこともあるで次に期待です。

そう何時も何時も打てる訳ではないのが普通ですから。

お互いの4番がここでで一本出ないと言う結果の引き分けとも思います。

一点疑問は、トップに西浦選手を起用した采配。

上手く機能している1-2番をあえて崩す必要はなかったと思います。

昨年の対床田投手への好実績での起用と思いますが、現在の調子を考えれば100歩譲っても8番当たりかなぁ。

現状の状態を重視すべきと思いますが。。。

金久保優斗さて、今日は金久保優斗投手の先発です。

対する広島は遠藤淳志投手

何と、いずれも2017年のドラフト5位入団。

遠藤投手は昨年ローテ入りし5勝を上げていますが、今年はまだ勝ちはありません。

大瀬良投手の離脱で二軍から召集されています。

今夜こそ打撃陣が踏ん張って、金久保投手に勝利させて欲しいと思います。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2021年4月21

広島東洋カープ                1-1  東京ヤクルトスワローズ マツダスタジアム
横浜DeNAベイスターズ   1-7  中日ドラゴンズ 横浜スタジアム
東京読売ジャイアンツ     3-2  阪神タイガース 東京ドーム

プロ野球 セリーグ 順位表  2021年4月21日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 阪神 21 16 5 0 .762 0.0
2 巨人 23 12 7 4 .632 3.0
3 ヤクルト 21 9 8 4 .529 2.0
4 広島 22 10 10 2 .500 0.5
5 中日 22 7 11 4 .389 2.0
6 DeNA 23 3 16 4 .158 4.5