8/8 対横浜 村上7号2ランで先制するも、エースの力の差で負け

8月8日

ヤクルトスワローズ  4-5   横浜ベイスターズ

R H E
横浜 0 1 1 0 2 0 1 0 0 5 12 2
ヤクルト 2 0 0 0 0 0 0 2 0 4 7 0

一応エース対決でしたが、残念なことに実力の差が出た感じです。

今永昇太投手DeNA先発今永昇太投手

初回こそ村上選手と「ガチンコ」勝負でストレートを2ランホームランされましたが、以降は慎重に投球し、付け入る隙を与えませんでした。

6回途中で交代となりましたが、初回の2ランでの失点のみで後はしっかり締めて味方の反撃を待つエースらしい内容でした。

最後勝への安全策で交代しましたが、十分行ける状態でした。。。監督手堅いなぁ

村上選手に対しても、2打席目は同じストレートでリベンジしっかりやり返すあたりはさすがでした。

小川泰弘投手対してヤクルト先発小川泰弘投手

先行した後、これを守るための「かわす投球」で、積極的に「攻める投球」ができませんでした。

じりじりと追い詰められ、最後は4番佐野選手との勝負に完全に負けた内容でした。

変化球(チェンジアップとカットボール)を多投する内容は、全く変化球の効果のない投球内容でした。

ストレートあっての変化球で、その落差で効果が期待できるのだと思いますから。

やはり真のエースには遠いかなぁ。。。

欠点を露呈した感じです。

現状の4勝も決して抑えているとは言い難いですし。

防御率4点台ですが、他のエース級は軒並み1-2点台でこれが実態です。

ヤクルトだからエース扱い?

まぁ、球団のエースは相対的なものだから、他の投手より成績がいいとエースと呼ばれるわけで。。。

あ、そういえば、昨日のイースタンリーグで石川雅規投手が1回を投げ三者凡退に抑えたという情報がありましたね。

戻ってきてほしいです。

渡邉大樹選手最後に大チョンボの渡邉大樹選手

今のところは走塁を売りにしての出場だからねぇ。。。

9回裏2死1塁で代走起用されながら、牽制に引っかかりアウトで試合終了してしまいました。

あの状況で単独盗塁はなく、エンドランも無い状況ですからあり得ないミス。

ほんと信じられない。。。あぁ~。。。打順が上位で逆転サヨナラもあり得たのに。。。ま、そんなもんか(自虐)

村上宗隆選手唯一は、左の実力派の今永投手から7号2ランホームランの村上宗隆選手

自信が付くと思える「内容のある一発」でした。

これで打点40で、岡本選手に並び1位。

佐野恵太選手DeNAは4番佐野恵太選手がすごい。

絶好調で勝負したくない状況です。

ロペス、佐野、宮崎選手のクリーンアップは、強力です。

ソト選手が体調を崩して戦列から離れているのが、せめてもの救い。

次はこれまた苦手な平良投手。

劣勢は否めない。

対するヤクルトは、山中浩史投手。

先日(8月5日)、圧巻の好投で投手戦になり、8回まで無失点を維持。

結果引き分けで勝ならずでしたが、今度は勝たせてあげたいものです。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2020年8月8

ヤクルトスワローズ    4-5  横浜DeNAベイスターズ 神宮球場
中日ドラゴンズ      3-1  読売ジャイアンツ ナゴヤドーム
広島カープ        2-1   阪神タイガース マツダスタジアム

プロ野球 セリーグ 順位表  2020年8月8日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 巨人 41 24 15 2 .615 0.0
2 DeNA 43 22 19 2 .537 3.0
3 ヤクルト 42 19 18 5 .514 1.0
4 阪神 41 18 21 2 .462 2.0
5 広島 41 17 20 4 .459 0.0
6 中日 44 17 24 3 .415 2.0

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする