今日もダメかと思いきや意外な展開で勝利! 山田大樹投手が踏ん張り初勝利を上げる

7/8 ヤクルト対横浜DeNA 1戦目

ちょっと意外な展開(予想外)で、すんなり勝ちました。

初回いきなりの2失点で、「前日のように悪い流れのままか…どうなる事か」と、正直「期待するのはやめよう」などと自分に言い聞かせていましたが。。。

ところが、今回の山田大樹投手は違いました

高めに行く内容でいささか不安(不安定)ながら、何とか5回まで堪えた感じです。

特に勝利投手権利の5回は、圧巻。

バックのエラーでアウトが取れず、ノーアウト1塁になってしまいでピンチ。

ここをロペスを併殺でしのいだ処は大きかった。

6回は安心したか宮崎敏郎選手の大ファールの後のうち直しで、大きな一発をくらちゃいましたが・・

ヤクルトに移籍以来、初勝利(2年ぶりの勝利投手)ということで、感無量です。

尤も 5回に 村上宗隆選手が4番らしく2アウトからタイムリーで追加点を取っておいたところも中々良かった。

これがあったから、6回の宮崎選手のホームランでも流れが変わらずに済んだわけで。

最近は 完全にマークされ中々ホームランボールは来ない中、ここぞでの打点1は4番らしく、いいですなぁ

それにしても 廣岡大志選手、 ホームランはGooですが 守備は安心して見てられません。

西浦直亨選手が戻って、ショートか3塁しか空いていない状況ですが・・・レギュラーポジションを取るには守備の上達が必須です。

ブルペンが 梅野雄吾投手(久しぶり・・まだ不安)

⇒近藤一樹投手(何時もの感じ)

⇒ハフ(主軸をあっさり処理)

⇒そしてクローザー・マクガフ(安定感増し当面クローザーでやっていけそうな手ごたえ)

ですんなりゲームを終わらせました。

一時の 投打が狂った状況は脱した感ですが やはり先発の出来次第。

ああ、また昨日の投球が思い出される。。。

当分ハラハラドキドキですか・・・

まずは、最下位の椅子を、どちらかのチームに差し上げなくては。。。

5位とは3ゲーム差。

脱却できると思うのですが。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする