中々上昇気流には乗れず。一喜一憂の日々が続く。ヒットは出てるんだけど。。。あぁ

7/9 ヤクルト対横浜DeNA2戦目

4-9でヤクルトの負け

試合らしかったのは5回までで、6回の大崩れで勝負ありでした。

先発の 小川泰弘投手は、ここ2試合とは打って変って今シーズンの不調に戻った感じでした。

狙った処に殆ど行かず」制球が甘く、球数を要する内容で アップアップの苦しい投球。

何とか5回まで引っ張ったのですが、取ってもすぐ取り返される内容で、勢いを相手に渡すお粗末。

自身が会心の2塁打を放って、打点を入れ「あっぱれ!」ではありましたが、その後も投球内容の不安定さは変わりませんでした。

6回、2番手で登板の梅野雄吾投手は、やはり復調にはまだ遠い感じです。

この時点ではまだ同点でしたが、ストレートの四球で力み、以降は一人相撲で自滅してしまいました。

制球難が頭を持ち上げると、球が死んで決めきる事が出来ません。

ファールで粘られ、四球か痛打を浴びることになりますが、下位打線に対してこの内容ではとてもとても・・

何か自信喪失の感じで回復には程遠いか。。。

悪い言葉ですがチキン状態になっています。メンタルを強くしていかないとですが、制球力がないので自信がなく、メンタルも強くなれないという悪循環です

久保拓眞投手。 当たっている佐野恵太選手にビビッて逃げの四球。

その後、大下佑馬投手はロペスに完全に読まれ、最悪のグランドスラム(19号満塁ホームラン)となってしまいました。。。あぁ

ダメですよ、待ち構えている処に すんなり投げちゃあ・・・

打たれて当然を投げた後にマウンドで残念がってもね。

「打たれたから残念」なのか、「己の投球技術の未熟さに腹が立った」のか。。。後者であってほしいですな

結局後続投手3人で試合をぶち壊し、勝負ありとなりました。

もっとも伏線は 先発の小川さんの、「よたよたで相手に勢いを与えた」ところもあるかと思いますけれど。

打線はヒット13本、DeNAが10本ですから頑張ったのですが、うまく得点につながらず。。。というか、満塁ホームランには追い付きません。

後は 淡々とDeNAは 投手をつぎ込んで・・・

4時間20分余りのじめじめ感の試合でした。

ただ一つの救いは、5番手で登場の清水昇投手です。

8回、9回をしっかり押さえ、今後に期待が持てる内容でした。

今夜は、高橋奎二投手が予告先発

オールスター前の最終戦、チーム全体で戦って、勝って終わりたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする