8/21 対阪神 吉田打たれ、阪神藤浪に勝を進呈 前日頭部死球の村上9号 元気をアピール

8月21日

ヤクルトスワローズ  4-7  阪神タイガース

R H E
阪神 0 4 2 0 0 0 0 1 0 7 10 1
ヤクルト 0 2 0 0 1 0 1 0 0 4 6 0

前日は実に投打上手く噛み合っていましたが、中々これが続かないところがチーム力かなと思える試合でした。

吉田大喜投手先発吉田大喜投手

2回味方守備にいささか足を引っ張られた感(村上選手のタッチミス+内野安打とは成りましたが捕球処理ミス)はありますが、粘れず4失点と傷を大きくしました。

加えて味方が相手ミスに乗じて2点差に詰め寄ったところで、すぐの3回2アウトからヒットとホームランで点差を戻されて流れを渡す事に。

ボーア選手を迎えたところで絶対警戒しなければならないホームラン。

余りに安易にストライクを取りに行ってホームラン

ゲーム状況での投球を行わないととてもゲームは作れません。

4回7安打2四球では毎回ピンチを背負う形です。

球威・制球・投球術共に今一歩??の進歩が必要に感じました。

といってもルーキーなので、これから学習して進歩するとは思います。

ただ、大卒なので、学習ピッチを速めどん欲に吸収しないとね。。。うかうかできません。

藤浪晋太郎投手阪神先発藤浪晋太郎投手

いろいろあって中々勝てませんでしたが、以前に比べ力みが取れた感じで粘りの投球と思いました。

2回は味方守備のミスから失点しましたが、以降は丁寧投球で粘った内容でした。

まだ相手を完全に抑えきるとは行かない感じですが、クオリティスタートに近い内容でしたから、これを続ければ味方の援護次第では勝てる事になります。

安定した内容を続ければ打線も付いて来ると思います。

藤浪晋太郎投手、初勝利はヤクルト戦。692日ぶりの勝利もヤクルト戦。。。なんだかなぁ

前日頭に死球村上宗隆選手

いい感じでホームランと 問題なさそうで一安心。

今期9号ですから、あと1本で2桁本塁打になります。

村上9号

前日の頭部死球を感じさせない村上9号 出典ヤクルト公式サイト

理解しがたいのが先発で登場の田代将太郎選手

左バッターだから?

田代ファンには申し訳ありませんが、なぜ昇格したのか分かりません。

2軍成績もそれ程良いとは言い難いですし。

役割は怪我で降格の渡邉選手の代わり(代走・守備)の位置付けと思いますが。

それでも、今まで5試合に出てヒット0なので、どうなのかなぁ

また、中村悠平選手をなぜ使わなかった?

西田選手との併用は解りますが、前日良い調子と思えたところでなぜ?

乗っている選手を使わない手はないと思うのですが。。。

連戦と言ってもまだそれ程疲れが溜まっているとも思えません(2戦目ですから)

もっとも、2軍戦で出場していたので、思ったより疲れたのかも。。。

最近少し高津采配が判らない事が多くなった気がします。

クック投手そんな中で、今日の先発がクック

初お目見えです。

今年アメリカからやってきた新外国人投手。

ダイヤモンドバックスでプレイをしていて、2018年には5勝しています。

打たせて取るタイプのピッチャーだとか。

来日1年目の今季、春季キャンプは1軍でスタートしたのですが、3月に上半身のコンディション不良を発症しました。

その後は2軍で調整を続け、イースタン・リーグ7試合に登板し、3勝2敗、防御率2・77と結果を残しています。

足りない先発陣の救世主となるのか、期待を込めて観戦したいと思います。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2020年8月21

ヤクルトスワローズ   4-7   阪神タイガース 神宮球場
中日ドラゴンズ     3-1     横浜DeNAベイスターズ ナゴヤドーム
広島東洋カープ     7-5     読売ジャイアンツ マツダスタジアム

プロ野球 セリーグ 順位表  2020年8月21日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 巨人 51 30 18 3 .625 0.0
2 DeNA 54 27 24 3 .529 4.5
3 中日 55 24 27 4 .471 3.0
4 阪神 52 23 26 3 .469 0.0
5 ヤクルト 52 22 25 5 .468 0.0
6 広島 52 20 26 6 .435 1.5

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする