粘投小川一発に泣く 最後の1本がどうしても出ず敗戦

5/10 ヤクルトスワローズ 対 中日ドラゴンズ 試合結果

R H E
中日 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 7 1
ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7 0

バッテリー

ヤクルト 小川泰弘、大西広樹、石山泰稚 – 中村悠平
中日 小笠原慎之介、H祖父江大輔、Hロドリゲス、SR.マルティネス – 石橋康太
粘投小川ホームランに泣く2022/05/10出典ヤクルト公式サイト

5月10日  対  中日ドラゴンズ

リーグ1,2位の防御率チームの対戦らしく投手戦となりました。

両軍投手陣の粘りの投球でなかなか一点が遠い。。。最後の一本を打たせない展開でした。

中日小笠原慎之介投手

小笠原慎之介投手

ストレート、カーブを有効に使って完璧な内容で付け入るスキを与えませんでした。

以前から苦手にしていますが今季もやはり難敵となりそうです。

ロドリゲス、マルチネス投手にはしっかり詰め寄ることができましたが、最後の一本が遠い感じでした。

鉄壁といわれている2人に詰め寄りはしましたので、粘りは出せた感じです。

今後に期待です。

先発小川泰弘投手

小川泰弘投手

序盤は今一つ球が走らず苦労しました。

ピンチは粘って凌ぎましたが、調子が出始めたところでマルチネス選手に力で持っていかれ、結果的には痛い1点となりました。

決して甘く入ったわけではなかったのですが、何か振ったところに球が来たというような感じがしました。

序盤ふらついたのでどこまで持つかと思いましたが、しっかり修正して7回1失点と試合は作ってくれました。

開幕後の不調からは脱した感じです。

一発に泣いた。。。ツイてなかったと言ったところです。

この試合は後続が8回大西、9回石山投手でしたが共にしっかり抑えきっています。

大西広樹投手

9回での石山泰稚投手を久しぶりに見ました。

石山泰稚投手

何度も修羅場を潜り抜けた存在感が光りました。

セーブはもちろん付かなかったのですが、打者3人をフライアウト、内野ゴロなどで打ち取り、三者凡退で終わりました。

石山9回三者凡退2022/05/11出典ヤクルト公式サイト

救援陣もしっかり間隔を空けて負担を掛けないローテーション

後半を考えれば非常に重要です。

これで清水投手が戻ったら誰を外すのか。。少し嬉しい悩みかもしれません。

打線、青木選手がなかなか上がってきません。

疲れとは思えないところもあり、非常に心配なところです。

8番で気楽になったのか、長岡秀樹選手がこの試合も元気で、マルチ安打なのは朗報です。

長岡マルチ安打2022/05/11出典ヤクルト公式サイト

昨年は得意とした中日ですが、今季は逆に苦手になってしまったのか。。。

ホームで勝てないところも心配ではあります。

さて今夜はヤクルト吉田大喜投手、中日岡野祐一郎投手が先発と発表されています。

吉田大喜 VS 岡野祐一郎

互いに経験がまだ浅い投手ですから、打撃戦となるのかなと漠然と感じています。

吉田選手が先発するのは566日ぶりとか。

二軍から先発として上げてきたので、投手コーチが通用すると思ってのことだと思います。

どちらかと言うと過去は諦めが早かったような気がしますので、心機一転し、諦めずの粘投を期待します。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2022年5月10

東京ヤクルトスワローズ  0-1  中日ドラゴンズ 神宮球場
横浜DeNAベイスターズ  3-1  東京読売ジャイアンツ 新潟
阪神タイガース            0-3   広島東洋カープ 甲子園

プロ野球 セリーグ 順位表  2022年5月10日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 ヤクルト 34 20 14 0 .588 0.0
2 広島 37 21 15 1 .583 0.0
3 巨人 39 21 18 0 .538 1.5
4 中日 34 18 16 0 .529 0.5
5 DeNA 32 14 18 0 .438 3.0
6 阪神 38 12 25 1 .324 4.5