10/31 エース対決も小川試合を作れず 敗戦。。岡本に1ホーマー3打点献上でガックリ

10月31日

ヤクルトスワローズ  4-6  読売ジャイアンツ

R H E
ヤクルト 0 0 1 0 0 2 1 0 0 4 8 0
巨人 0 0 0 1 4 1 0 0 X 6 15 1

エース対決でしたが、力の差が出た結果となりました。

共にこのところは調子が良くない両者でしたが、調子が出ない中での試合を作るところに大きな差が出ました。

もっとも打撃力にも差が有りましたから、ちょっと微妙ではありますが。

菅野智之投手菅野智之投手

制球が悪く球威も今一で、一時の「手も足も出ない」の感じはありませんでした。

それでも5回1失点(デットボールでの押し出しは、打者が上手く当たった?)ですから、要所は閉めた感じです。

小川泰弘投手対する小川泰弘投手

序盤は持ちこたえますが、中盤には息切れの感じで(このところはこの繰り返し)集中打で試合を決められました。

しかもホームラン。

被本塁打、自責点、被安打リーグトップの三冠王です。。。

これで10勝しているのは、シーズン当初は打線の援護があったればこそでした。

ここへきて打線が下降で、援護出来ない結果です。

この試合もこの傾向がそのまま出た感じです。

意図してはいないでしょうが、結果的に打撃部門で競争の村上選手を援護出来ないばかりか、「鴨葱」で岡本和真選手に貢献する結果となり、なんとも罰の悪い内容でした。

打線も ホームランバッターの数の違いとも、全体のレベルの違いとも言える結果です

村上宗隆選手村上宗隆選手

気負いなのかこの二試合精彩を欠く内容です。

結果的には4番の差が出て 引き分け、負けとなっています。

苦手傾向として、中日が最も苦手、次がジャイアンツなのかと思われます。

ホームラン・打点が最も少ない相手です。

この辺りもこの2試合に出ているとも感じます。

そろそろ克服して、自信をつけて欲しいと願います。

日本シリーズを控え、調子が出ないジャイアンツの調整役は、勘弁です。

今日はスアレス投手。

14時からのデイゲームです。

スアレス投手もこの頃疲れているのか、途中でガス欠状態になりがち。

交代のタイミングが大事だと思います。

対するジャイアンツは、畠世周投手です。

今年はまだ1度も対戦していない投手。

なんとか攻略して欲しいと思います。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2020年10月31

読売ジャイアンツ        6-4    ヤクルトスワローズ 東京ドーム
横浜DeNAベイスターズ   5-13  阪神タイガース 横浜スタジアム
中日ドラゴンズ       3-9    広島東洋カープ ナゴヤドーム

プロ野球 セリーグ 順位表  2020年10月31日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 巨人 112 64 41 7 .610 0.0
2 阪神 113 56 50 7 .528 8.5
3 中日 114 56 53 5 .514 1.5
4 DeNA 114 54 54 6 .500 1.5
5 広島 113 48 54 11 .471 3.0
6 ヤクルト 112 38 64 10 .373 10.0

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする