10/30 巨人優勝決定。。延長引き分けの「ビミョウな雰囲気」演出に、最下位ヤクルトの意地を見た

10月30日

ヤクルトスワローズ  3-3  読売ジャイアンツ

R H E
ヤクルト 0 0 1 0 1 0 0 1 0 3 7 0
巨人 0 0 2 0 0 1 0 0 0 3 9 1

お互い好機に最後の一本が出ない展開で、引き分けとなりました。

10回表、ヤクルト無得点でジャイアンツの優勝が決まり10回裏は何となく消化試合とも思える微妙な雰囲気となってしまいました。

ジャイアンツは、このところ足踏みが続いていたので、「ほっと」した気分が出たようにも思いました。

歳内宏明投手先発 歳内宏明投手

岡本選手に低めを上手く打たれてホームランでしたが、6回途中で3失点ですから、まあ責任は果たした感じです。

ローテーションの経験が無いので当初よりは球威が落ちてきて、変化球の切れも甘くなっている感じの状態では、粘ったとも言えます。

この試合も6回途中でスタミナ切れの感じでした。

今後の課題はシーズン通しての体力+100球以上でのスタミナと感じました。

ただ、悪いなりに粘って6回というのは、来年に期待を持たせてくれた内容でした。

オフに十分体力づくりをして、来年のローテーションにきっちり入ってほしいと思います。

村上宗隆選手さて、村上宗隆選手。

今一読みもタイミングも合わずで5打数無安打に終わり、2ランHRの岡本選手に二歩ほど離されました。

特に残り9試合中4試合は東京ドームですが、今年はドームで一本(HR)も打っていません。

出にくい球場ではないはず。

出にくいナゴヤドームでは今年3本も打っていますから是非とも一本!

この試合、廣岡大志選手ホームラン、塩見泰隆選手が2アウトからタイムリーと若手が活躍したあたりが収穫ではありました。

廣岡ホームラン201030

廣岡ホームラン 出典ヤクルト公式サイト

それにしても、優勝決定戦のジャイアンツ。

優勝したにも関わらず、最後延長引き分けで。。。

四球があったにせよ外野フライと三振二つで、盛り上がりに欠く微妙な雰囲気での優勝決定でした。

淡々とアウトを取る石山泰稚選手に拍手。

歓喜の胴上げを阻止してくれたのは大きい。

あれで、逆転されていたら、なだれ込んでの胴上げだったでしょうが。。。ふっふっふ

弱者ヤクルトの最後っ屁という感じで、意地を見せてくれました。

「来年を見ていろよ」とのメッセージにも見えました。

今夜は小川泰弘投手と、菅野智之投手の対戦です。

優勝と最下位が決まったとはいえ、エースの同士のガチンコ勝負

見ごたえのある試合になってほしいものです。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2020年10月30

読売ジャイアンツ        3-3     ヤクルトスワローズ 東京ドーム
横浜DeNAベイスターズ   3-3   阪神タイガース 横浜スタジアム
中日ドラゴンズ       3-17  広島東洋カープ ナゴヤドーム

プロ野球 セリーグ 順位表  2020年10月30日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 巨人 111 63 41 7 .606 0.0
2 阪神 112 55 50 7 .524 8.5
3 中日 113 56 52 5 .519 0.5
4 DeNA 113 54 53 6 .505 1.5
5 広島 112 47 54 11 .465 4.0
6 ヤクルト 111 38 63 10 .376 9.0

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする