対中日3戦目完敗。 中日の2年目梅津投手は敵ながらあっぱれ。山田大樹投手も頑張ったんだけどねぇ

6月21日

ヤクルトスワローズ  0-3  中日ドラゴンズ

いやー、完敗でした。

山田大樹投手先発、山田大樹投手。

粘り強く頑張りました。

が、2回 2アウトで0-1からちょっと不用意にストライクを取りに行って失投をホームラン。

もっとも避けるべき内容の悪いパターンでの失点です。

6回も自身のフィールディングの悪さで、与えなくても良い失点でした。

7回3失点ですから悪いという内容ではないと思います。

ただ、相手投手が好調なところでの、厳しく言えば自らのミスでの失点は、今後の大きな課題です。

ローテーションの軸として入るには、できるだけミスをしない細やかさも必要ですから。

そのミス以外は、よく粘りましたし、三者凡退もあり頑張ったと思いますから、残念です。

打線。。。前日までの調子はどこに行った?

坂口智隆選手一人坂口智隆選手が気をはいたのですが中軸が機能せずでした。

村上宗隆選手もっとも最終回クローザーの岡田投手からきっちりとヒット一本を打った村上選手。

岡田投手とは、第1戦で2アウト満塁のバッターとして打席に立ち、三振をしています。

先々を考えればやられっぱなしではないところが良い一本でした。

梅津晃大投手中日 先発の梅津晃大投手

2年目ですが ほぼ完璧に抑えました。

チャンスらしいチャンスは作らせず7回を投げきる良い内容で、今年飛躍しそうな感じです。

150キロを超えるストレート、良い変化球(スライダー、フォーク)。

制球も良く、軸になりうる選手です。

敵ながらあっぱれでした。

明日は、ちょっと調子が??で3連敗の阪神。

ここは勝ち越したいところです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする