7/26 対巨人 高梨ノックアウト。初回大量失点が最後まで響く。

7月26日

ヤクルトスワローズ 4-9 読売ジャイアンツ

序盤で試合が決まってしまいました。

R H E
巨人 5 0 1 2 0 1 0 0 0 9 14 0
東京 2 0 0 0 0 0 0 2 0 4 6 0

高梨裕稔投手先発高梨裕稔投手の出来が悪すぎ3回持たず。

3回の岡本選手のバックスクリーンへのホームランでの追加点で、試合の流れが決まってしまいました。

今年は横への変化も加え投球に幅が出来たかと思いきや、今回は全く工夫なくほぼ「バッテイング投手状態」。

初回5点差を3点差に詰めたところで踏ん張ればでしたが、全く修正出来ず。

ずるずると情けない交代となりました。

調子が出ない所でも試合を作る域にはまだまだ程遠い印象。

良い時もあるのですから、それを維持するメンタルとコントロールが必要ですね。

2・3番手の寺島、星投手試合としては負けゲームでの登板の形となりましたが。

厳しく見ればただ漠然と投げている感じで全く「やる気」が見えてこない投球でした。

登板状況での意味・課題(求められている意図)を余り考えていない様子です。

状況から、少し長いイニングで投げられる「先発投手崩壊後のサブ先発要員」の可能性を見ているとも言えます。

どのような状況下でも少なくとも自己で課題をもって望む必要があり、また真摯に向き合うべきです。

古賀捕手同じ事はキャッチャーの古賀選手にも言えます。

主力2人が怪我で離脱している今年は最高のチャンスなのです。

が、捕手としてはリードに工夫がなく(積極性に乏しい)、捕球も不安定。

打撃は最悪で、ここでも状況から配球を読む訳でもなく漠然と打っていく感じ。

選球眼もなく粘る事も出来ず 投手より打てない感じ。

まだ若く、期待を込めて我慢して(育てようと)出していますが、結果が出ない(プロですから)ではそろそろ残念ながら潮時か

西田選手メイン、井野選手サブで良いと思うのですが・・

負け試合では 欠点が目立ちます。

坂口智隆選手とはいえ、坂口智隆選手が、5点差の1回裏にホームラン。

山田ヒット、青木、村上四球で山崎2ゴロの合間に1点を入れる。。。この辺りは今年らしい攻撃でした。

また、8回は西田選手のホームラン、村上選手の2塁打1打点と反撃の形はあったのですが。。。

初回5点は重かった。。。ということですね。

一日おいて、明日は阪神戦

この頃調子が良い阪神を封じ込めるか。。。封じ込めてほしい

そういえば、廣岡大志選手が途中からレフトを守っていたなぁ。。。

何でもやるというがむしゃらな気持ちはいいと思います。

ちょっと見直しました。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2020年7月26日

東京ヤクルトスワローズ   4-9  読売ジャイアンツ 神宮球場
横浜DeNAベイスターズ  6-10  広島東洋カープ 横浜スタジアム
中日ドラゴンズ      3-9  阪神タイガース 名古屋ドーム

プロ野球 セリーグ 順位表  2020年7月26日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 巨人 30 19 9 2 .679 0.0
2 ヤクルト 31 15 12 4 .556 3.5
3 阪神 30 15 14 1 .517 1.0
4 DeNA 32 15 16 1 .484 1.0
5 広島 30 11 16 3 .407 2.0
6 中日 33 12 20 1 .375 1.5

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする