山田好投、大量得点で勝利! 若手の躍動で来期が期待。阪神は近本が最多安打にばく進中。

9/12 ヤクルト阪神タイガース 3戦目 甲子園

12:2 で、ヤクルトの勝ち

この時期にありがちな大味な試合となりました。

初回、いきなり廣岡大志選手、スリーベースでチャンス。

山田哲人選手、しっかり打って2塁打1点。

バレンティン選手、何時ものバックスクリーンへのホームランで 初回3点

先発山田大樹投手

2回に思わぬミス(塩見泰隆選手、落球・・・ありえない)でのピンチ。

満塁になり、高橋遥人投手に粘られましたが何とか無得点でしのぎました。

やれやれ

3回も2アウト1・3塁を粘り切れた・・・ここで一点でも取られたら展開は変わっていたかも?

4回、バレンティン、雄平、村上とチャンスメイク。

若手の活躍で大量点5点・・・ここでほぼ勝負あり!

もっとも7点リードをひっくり返された事も思い出され100%安心できず。。。まったく、今年は。。。

しかし4~6回。

タイガースの攻撃も淡白となり、山田投手はすんなりしのぎます。

気分的に楽になり ストライクが先行。

こうなれば勝が見えて来ますね。

ただ、90球あたりから急激にキレ・勢いが落ちる課題は解消できていません。

来期に向けた大きな宿題と思います。

結局、気軽に打てて8回に4点の駄目押しのおまけ。

若手が躍動した点が来期に向けての収穫でした。

タイガースは近本光司選手が3安打と一人き気を吐き、「新人最多安打にばく進」が唯一救いの試合。

広島が勝って、クライマックスが完全に遠のきました。

本日は試合が休み。

皆さん、ゆっくりしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする