収穫に乏しい惨敗。村上のホームランは良かったけど。。阪神鳥谷2塁打。。。レジェンドはどうなる?

9/11 ヤクルト 阪神タイガース 2戦目 甲子園

10:3 で、ヤクルトの負け

この時期日程問題もあり簡単に中止はでき難いので、一時間以上待って雨の中開始でした。

ヤクルトには、村上宗隆選手33号一発+打点稼ぎ(タイムリー)位しか収穫の無い試合でした。

それにしても、村上選手は、青柳晃洋投手が大好きの感じです。

ホームラン+タイムリーと打てています。

アンダーハンドなので球筋も見やすいのでしょう。

先発、小川泰弘投手

全くゲームを作れず今年を象徴する内容で12敗目。

登板のたびに思うのですが、今のスタイルは限界、変える時期に来ている。

「よほど考えないと」の投球スタイルです。

今年の内容は調子が良い悪いではなく、一つの限界に来ていることを示すものかと。

今のままでは何度出ても同じ事になってしまうと思います。

別段記録が掛かっている訳でも無いので、あえて登板する必要は無く、登板機会を若手に使った方が良いのではとさえ思います。

残り10試合程度を有効に使えますから。

変れなければ(変えようとしなければ)来年のローテーションも危ないのでは?

というのも、計算できないですから。。。監督も変るのでどう使っていくのか。

阪神、鳥谷敬選手が2塁打を放ちました。

今年いっぱいで、ユニフォームを脱ぐレジェンドも、他チームに移籍希望となれば活躍の様子をアピールしたいもの。。。

どうなるかは未定でしょうが、雄姿をもう一度見たいと思っているファンも多いかと思います。

でも、年齢は正直なので(イチロー選手でさえ)、以前のようには無理かと思いますが、どうなりますか。。。

さて、ヤクルト。

この試合は村上選手の一発のみでした。

ソトに少し水を開けられましたが まだまだ頑張れ!

本日の3戦目、予告先発は、山田大樹投手です。

前回も90球を超えるあたりで球威が落ち、スタミナ不足が懸念されました。

きょうは、どうなることやら。。。