意外の連続でタイガースに接戦勝ち!塩見初めての決勝打で試合を決める。。こんなこともあるんだね

9/10 ヤクルト 阪神タイガース 初戦  甲子園

4:5 で、ヤクルトの勝ち

意外な事が多い試合でした。

ヤクルト先発の高橋奎二投手。

投球は相変わらずの「行先はボールに聞いて」の内容で初回からバタバタ。

初回1点で終わったのが不思議なくらいです(笑)

尤も、ここで捕まえきれなかった事がタイガースとしては問題だったかな?。。。後で考えますと

高橋奎二投手は、結局立て直せず3回(3失点)で降板です。

制球などの課題が多い割に、進歩がほとんど見せれない結果に終わり、来期に向けてまだまだですね。

つられた訳ではないでしょうが、タイガース先発秋山拓巳投手も調子が上がりません。

負けられない試合としては早めの降板となりました。。。暑さの影響?

おっとォ、高橋投手!

「自分で失った点は自分で」かい?

思い切り良く振り切って満塁走者一掃、バッティングの方が向いているとも思わせる一打でした。

一つ目の意外です。

秋山投手に取っては非常に痛い3点。

普通に終わっていれば流れをヤクルトに渡すことは無かったですから。

3回バレンティンの力一発の追加点も、高橋投手2アウトからの連打であっさり詰め寄られ、繋いだ高梨裕稔投手がすぐに追いつかれる。

ここはまあ、何時もの展開。

序盤は、お互い「この先いったいどうなるかの内容」でした。

ところが、それぞれ中継ぎが頑張り、荒れた試合にならず、延長に突入。。ちょっと意外

10回ヤクルト、打順が下位打線なので、11回が勝負かなと思われましたが。。。

意外!

廣岡大志選手2塁打、塩見泰隆選手のセンターに抜ける好バッティング

塩見選手、当たりは良くは無かったものの、しぶとい当たりで1点をもぎっとった感じです。

決勝打となりました。

今まで余り見られなかった内容で 本日の収穫かもしれません

2人の打率は、このヒット後の数字でさえ、廣岡が.176、塩見が.102。。。1割バッターです。

その2人が、まさかのヒーローになるとは。。。インタビューは塩見選手でしたが、廣岡選手の2塁打あってのものなので。

廣岡選手は、エラー+ミス(フライの譲り合い落球)を何とか取り戻しましたね(笑)

意外・意外なメンバーが打撃で活躍の試合でした。

タイガース、クライマックスが遠のいた感です。

ヤクルトとは逆に、攻撃陣に来期の課題を見せた試合でした。

さて、今日の2戦目。

予告先発は、小川投手。

いい時とダメな時が混在し、予測がつきません。

きょうこそしっかり勝利投手になってほしいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする