7月9日 対中日 逆転を跳ね返しての再逆転で、クローザー岡田をノックアウト!

7月9日

ヤクルトスワローズ  8-6  中日ドラゴンズ

逆転を跳ね返しての 再逆転

チームの勢いが増す勝ちでした。

高橋奎二投手先発高橋奎二投手

今季初登板と開幕に出遅れていましたが、5回2失点と責任を果たした感じです。

100球と相変わらず球数の多い事は気になりますが、被安打4、9奪三振と内容は良かった。

まずはクオリティースタートを維持することが重要ですから、次回に期待です。

マクガフ投手セットアッパーのマクガフ投手

逆転を許すまた失点。

今年は決め球を初めとして今一制球が甘く入り、かなり痛打されています。

球速など威力がなく昨年より落ちている感じで、今の位置は難しく感じます。

この内容で幸運にも勝はいささかか気恥ずかしいのでは?

とはいえ、現在ホールドポイント6で、リーグ1位

この勝ちを契機に、状態が戻ってくれることを願います。

山崎晃太朗選手打線では、やはり山崎晃太朗選手

本当に覚醒した感じで左投手も苦にせず良い働きです。

9回の好機に2ボールから積極的にセンター返しに徹したバッテイングは見事でした。

初の3番でもしっかり役割を果たし、段々青木選手に似て来た感じ

今年はブレイクする選手が次々に出てきていますね。

青木宣親選手この試合は休養で先発を外れた青木宣親選手

やはりこの人が攻撃のリードをすると感じます。

9回代打で、クローザー岡田投手を打ち崩すきっかけとなる2塁打(あわやHR)。

左の岡田投手を完璧に打ち、以降の打線に火を付けました

しっかし、青木さん、中々完全休養出来ないですなぁ

村上宗隆選手村上宗隆選手も4打点と、ヒットでなくとも最低限の仕事はしています。

村上選手は今期の通算打点が18となり、現在リーグ1位になっています。

今年は無安打で終わることが少なく、好機に強くなって成長著しい感じです。

2年目のジンクスなどどこ吹く風で、頼もしい限りです。

山田哲人選手このところ湿っていた山田哲人選手の調子も少し上向きになってきました。

今回の内容は三振1、四球2、敬遠1、3ベースヒットと、5打席中4打席を出塁しています。

全体的ににいい感じになってきて、中日戦は2勝1分けと、このカードを勝ち越しました。

クローザー岡田投手をノックアウトできたのは収穫です。

次はジャイアンツ戦で石川雅規投手・・・是非とも勝を付けたい!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする