日本シリーズ第3戦はシーソーゲームをヤクルトらしく制してシリーズ先行 東京ドームが緑に染まり、傘が躍る

11月23日  日本シリーズ2021  第三戦

R H E
ORIX 0 0 1 0 0 2 1 0 0 4 7 2
ヤクルト 0 0 0 0 3 0 2 0 X 5 5 1

オリックス 田嶋大樹、H比嘉幹貴、バルガス、吉田凌、K-鈴木 – 伏見寅威、若月健矢
ヤクルト 小川泰弘、スアレス、田口麗斗、石山泰稚、Sマクガフ – 中村悠平
サンタナ日本シリーズ1号2ラン

サンタナ日本シリーズ1号2ランを打ち、青木と喜ぶ 出典ヤクルト公式サイト

場所を東京ドームに移しての第三戦。

中々のシーソーゲームとなりましたが、競り勝ちました。

ある意味ヤクルトらしい勝ち方です。

投手陣が失点するも僅差で凌ぎ、打線が終盤でこれに応える展開に持ち込んだ勝利でしたから。

先発小川泰弘投手。

日本シリーズ第3戦先発小川

チャンスを逃した後先制を許し、逆転後すぐに同点の一発を喰らうなど、要所を締めきれなかった感じですが、大崩れはせずに6回を3失点とゲームは作りました

前2人(奥川、高橋)の快投に比べるとといささかとなってしまいますが、持てるものは出せたと思います。

特にエラー絡みでの満塁からの失点後、3-4番を抑え切って踏みとどまったところは、試合全体を見た結果として大きかったと言えると思います。

救援陣。

流石に初登板特にシリーズ経験が無い投手は中々力が出せないところかあるようです。

スアレス投手全くこれまでの力が出せません出した。

田口麗斗投手。

7回、スアレス投手を引き継ぎ、1死1,2塁での局面で登板しました。

2番の宗選手を見逃し三振に打ち取り、抑えきれるかと思いましたが、吉田選手には上手く打たれて逆転をされました。

しかし、投球内容は良く、これは仕方のないところと感じます。

この後を受け回跨ぎで投げた石山泰稚投手の好投が光りました。

石山日本シリーズ3戦目好リリーフで勝ち投手

7回裏の逆転後、8回を簡単に3者凡退で締めたことで、僅差ではありましたが重圧感を和らげました。

ここへきて本来の姿を取り戻したと感じられる内容で、この好投は以降のシリーズに大きな物を残しました。

マクガフ投手

先頭にヒットは悪夢がよぎりましたが、前回に比べると球威、制球もよく慎重に攻めきれました。

見事リベンジを果たし、高津監督の喜び方に抑えの辛さを知っている監督ならではの心が見えました。

マクガフ日本シリーズ初セーブ

マクガフ投手の復活。。。ここも後を考えれば大きいところです。

反対に、オリックス救援陣のバルガス投手は再び失点。

吉田投手も被弾と少し苦しい結果となりました。

5回、7回とチャンスメイクでマルチ安打の青木宣親選手

このシリーズ、大活躍。

「ここで」を知っている男です。

青木日本シリーズ3戦目マルチ安打

またまた好機でタイムリーの中村悠平選手

中村悠平選手

2回のバント失敗のリベンジを果たしました。

この6番が良い状態なのはこれも大きい!

結構ここに好機がめぐる打線でもありますから。

サンタナ選手

サンタナ

ここまでヒットなしでしたが、そこそこ出塁もして機能はしていました、

7回オリックス吉田凌投手は、山田、村上選手を抑えたところで少し安心したわけでは無いでしょうが。。。

完全にスライダー一本待ちで捉え切りました。

サンタナ日本シリーズ1号2ラン

サンタナ選手の持ち味が出た感じです。

山田、村上選手が打てなくともここで出るのが今年のヤクルトの強みです!

24,565人の観客が入り、緑に染まった東京ドーム。

傘が振られ、ホームゲーム感満載でした。

みどりに染まる東京ドーム

山田哲人選手。

この試合結果が出ませんでしたが、前二試合に比べると良い感じでとらえていました。

良い当りが連発でしたが、ちょっとツイてませんでした。

この後の試合に期待が高まります。

これで山田選手が戻れば。。。ムフフ

次は石川雅規投手と思います。

中継ぎの石川

パリーグに余りいない軟投型。

ベテランの技に期待です。