熱闘高橋、日本シリーズ初出場で初完投・初完封の偉業 青木チャンスにしぶとくタイムリーで決め切る

11月21日  日本シリーズ2021  第二戦

R H E
ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2 6 0
ORIX 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1

ヤクルト 高橋奎二 – 中村悠平
オリックス 宮城大弥、吉田凌、バルガス – 伏見寅威
高橋奎二完封勝利

高橋奎二初完投で初完封勝利 出典ヤクルト公式サイト

先発はオリックス宮城ーヤクルト高橋となり予定通りでした。

前日に引き続き投手戦予想でしたが正しくその通りとなりました。

宮城大弥投手。

宮城大弥投手

前半は一か月ぶりの実戦とは思えない素晴らしい内容で、完璧に抑えきりました。

多彩な投球で的を絞れず、全く捉えた打球がありませんでした。

今まで対戦が無かった事もあって完全に打ちあぐむ感じでした。

ただ流石に後半は徐々に制球が乱れ打者優位のカウントになることが多くなり、結果的には8回に掴まりました。

日本シリーズの緊張が投球数以上に効いてきた感じです。

とは言え8回途中で1失点ですから十分責任は果たしています。

十分行ける内容でしたから展開次第では次もありの感じです。

高橋奎二投手。

高橋奎二投手

前半はカーブ、スライダーの変化球が全く良くなく苦しい組み立てでした。

回を追うごとに徐々に決まり出したことによって、後半は安定した内容になってきました。

前半のピンチをしっかり粘って無失点でしのぎ切ったことは、今季の成長が表れた感じです。

7回でいっぱいかなと思いましたが、なんと9回まで投げきり日本シリーズの大舞台で初完封

大きな自信になったと思います。

この自信は大きな収穫来期に向けても凄く大きなものと思います。

良い意味で奥川投手に負けまいと言う面もある感じですね。

ベンチとしては、前日の負け方から9回は高橋投手をあえて変えず、流れを持ったままにしたかったように見えました。

この完封で前日の悪い負けのムードをかなり払拭できたこともシリーズとしては大きなところです。

ちなみに日本シリーズという大舞台に初出場で、初完投、初完封はプロ野球史上初だそうで偉業です。

人生に1度きりの記録を作りました。

おめでとうございます。

勝負どころを心得た青木宣親選手に好機で回るあたりは、全体の繋ぎはシーズンと同じく良い感じです。

青木宣親選手

ここぞで結果が出せる青木選手の存在はやはり大きいと今更に感じます。

当たり云々よりヒットにする術を心得ている。。。やはり経験のなせる技と。

青木決勝タイムリー

そしてこのシリーズは野手もよく頑張ってくれています。

今日の守備では2回の西浦直亨選手の併殺、大きかった。

西浦攻守

滑って体勢を崩しながらも、ベストトスで山田選手に、そして山田選手からオスナ選手に渡って併殺しました。

ランナーを出しても得点をさせない守備力を発揮してくれました。

昨日少し上向いたかと思った山田選手

タイミングが合わずまったくの内容。

やはりシリーズとしては山田選手が戻るか戻らないが大きなポイントになってきました。

次戦で復活なるか、期待!

次は神宮、もとい東京ドームで試合です。

気持ちよく移動していることだと思います。

そのままドームで突っ走って欲しいですが、小川投手、大丈夫かな。

いい時の小川投手は完投もできますが、悪い時は3回まで。。。みたいな感じがあるので、心配です。

もしも思わしくなかったら、投手総力戦ですね。

幸いなことにシリーズでは継投はまだ清水投手とマクガフ投手しか使っていません。

オリックスがここまで5人を使ったことに比べ、余裕があります(中1日休むのであんまり関係ないですかね)

とにかく3年ぶりにセリーグに勝利を持ってきたのは喜ばしいこと。

今夜はゆっくり眠れそうです。