7月8日 対 中日ドラゴンズ 引き分け 

7月8日

ヤクルトスワローズ  5-5 中日ドラゴンズ

両チーム 似たような内容で結果引き分けでした。

イノーア投手先発 イノーア投手

これまでと余り変わらぬ内容で3回5失点

中継ぎ陣にまたまた負担を強いる事になり、「初回からどれだけ取られる?」の内容でした。

最後が投手に回って何とか凌いだ感じです。

2回味方が追いついて 3者凡退で立ち直るかと思えば、3回はまたまた逆戻り。

前回の内容から「再調整」かと思いましたが 台所事情か再度先発しました。

ですが、そう簡単に調子は戻りそうもありません。

かといって、中継ぎは出来ないでしょうから先発起用だったものと思われます。

早々の降板でどうなるかと思いましたが、以降の中澤、長谷川、梅野、清水、寺島、石山投手と踏ん張って接戦としました。

以降6人も注ぎ込む事は避けたいです。

夏場前に中継ぎが壊れてしまいますw

エスコバー選手打線では、今までいいところの無かったエスコバー選手

西浦選手の好調でこのところ先発を外されることもあり、お尻に火が付いたか。。。

いくら守備がよくとも安全パイでは使うのが難しいですから。

この日はセンター返しのバッティングで、本来の持ち味です。

4安打チームのヒットの半分を打ったのですから、驚きます。

大きいのでなくともヒットで十分。

もし味が出せれば 山崎選手と相手投手によって6番を打てます。

これがきっかけで開花してほしいと思います。

A.マルティネス捕手中日で目を引くのが、キャッチャーのA.マルティネス選手

珍しい外国人捕手ですが 3安打で存在感。

投手とのコミュニケーションでのリードが難しいと言われるポジションですが、何とか壁を崩して先駆者となって欲しい期待があります。

さて次は、満を持しての 高橋投手。

先発が心細い中 やはり期待・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする