メジャーリーグ、ポストシーズンの予想。田中将大対前田健太を見られる展開になりそうな。。。

まだセ・リーグの試合がお休みなので 休憩です。

ビールを飲みながら昨夜考えました。

今日のブログでは、メジャーリーグの今年のポストシーズンへの動きを追ってみます。

アメリカンリーグは ヤンキース、ナショナルリーグがドジャースの ワールドシリーズとなりそうです。

ここまでのアメリカンリーグでは、レッドソックスやアストロズの調子が今一です。

けが人もあり、残念なことに体力が足りません。

対するヤンキースは 故障者ほぼ復帰で、野手は余り気味。

「誰を引っ込めるか迷うのでは」と思う陣容・・うらやましい限りですな。

不安があるとすれば、先発陣です。

セベリーノがいつ戻れるか。

ただ、戻っても 昨年並みの内容は 正直???・・・ここが痛いところ。

加えて ハップ、パクストン共に昨年の出来にはほど遠い内容。

サバシアは今以上は期待できない(年令からも)。

しかも、前半頑張ったエルメンが故障で今後は未知数です。

なんだか、ヤクルトのお家事情にも少し似ているような。。。あぁ

現状安定的なのは 田中将大投手のみです。

彼は、5勝ですが、勝利投手の権利を持ちながら後続投手が打たれたりで、実質は9-10勝の成績となり、戦力としてきっちり役目を果たしています。

そんなわけで、先発投手陣はいささかお寒い状況です。

ここは 初めから分かっている事なので 、7月に向け 一枚か二枚、先発の補強はする事になるのでしょうね。

誰を取れるかにもよるけど 1枚エース級を取れば・・・・

メジャーでは、日本と違い「シーズン途中でもガンガントレード」があるので、目を離せません。

対戦相手が一流の投手で、かなり良い出来でない限り、簡単に5-6点は取る打線です。

相手のブルペンが劣れば、簡単にどこからでも爆発するバックを持っているので、大量失点しなければほぼ勝が計算できる。。。強いわ

ポストシーズンは しっかりした先発が 二枚は必要なので、後一枚補強出来れば制覇も射程に入ってきます。

ナショナルリーグのドジャースは 投打のバランスが 最も充実

安定した勝ち方で 、順調に行けば ナショナルリーグ3連覇は堅い。

今年好調な前田健太投手は、ポストシーズン また中継ぎに回されるのでしょうね。

残念ではありますが 短期陣容では可能性大です。

中継ぎでも行ける貴重な人材と考えれば、それも彼の長所

強豪はためくメジャーの世界で、晴れの舞台に出られるのなら気合一発で頑張ってほしいです。

田中先発、前田中継ぎであっても、二人が対戦することに変わりなく、楽しみですね。

さて どうなりますか・・・

ホントは、エンゼルスの大谷翔平も見たいのですが、エンゼルスは成績が悪くてポストシーズンは絶望的。

全国の大谷翔平ファンはがっかりですが、チームよりも大谷翔平個人を応援している人が多いと思うので、ポストシーズンに出られなくても、ま、それはそれで。。。