ヤクルトお休みに余談。女子サッカーワールドカップ…BEST8に突破ならず、残念でした

交流戦が終わり、中休み。

ヤクルトの試合もないので、今日は、余談に女子ワールドカップサッカーのお話をしてみます。

残念ながら なでしこ ベスト8は なりませんでした。

後半の決定チャンスを決めきれない(何回も)と こうなってしまいます。

相手にワンチャンスを与え、それが しかもPKになってしまって。。。

トーナメントなので、敗戦するともう次はありません。

ベスト8は全て ヨーロッパ+アメリカ です。

現状の力が如実に現れた結果かと思います。

やはり フィジカル

特にキック力球際のスピード

決めきるメンタルメンバー層の厚さ・・・が違います。

日本は やはりこのあたりが劣るのですが、11年にw杯を制した時は 決めきるメンタル、層の厚さは今より優れ、かつパスサッカーの精度が段違いに正確 ミスも少なかった

あの時は、観ていても見ごたえがあり、「偶然ではなく総合力が勝っていた」と素直に喜べました。

キック力や球際の強さは直ぐには強くならない(体格から来るものもあるので)。

やはり w杯を制した時(日本の良さが最も出た)を目指すしか無いのでしょうね。

また、アジアのみや国内での戦いは、弱点が露呈せず戦えるので意味は少ないと思います。

ヨーロッパ・アメリカで武者修行する人材が増えないと、この結果が続きます。

次の大きな試合は、東京オリンピック。

次こそ踏ん張ってもらいたいものです。