連覇を目指すヤクルトの22年シーズンのポイント<私見>

明けましておめでとうございます。

年も開けて、いよいよ2022年シーズンに向け自主トレから始まることとなります。

ヤクルト2021年シーズンは最高の結果を残しました。

その余韻はまだ残っていますが、一方で頭をよぎるのは優勝の後の失速

まあ結構この展開は今まで多い「ヤクルトあるある」なので心配症な私は。。。

ヤクルト、決して圧倒的な戦力を有しているわけではないことも事実です。

その中で2021年は日本一ですからよくやった訳です。

さて、連覇を目指すヤクルトの22年シーズンのポイントはどうなるのでしょう。

当然いろいろありますが、私見であげてみます。

2022年最大のポイント

まずは、最も大きなポイントと見るのは、

21年シーズンにブレイクした若手が、22年シーズンも同様の活躍が見せれるかです。

奥川恭伸投手、高橋奎二投手、塩見泰隆選手が対象となるところですね。

確かに力が付いてきて結果を残した訳ですが、本当の力は2年、3年と続かないといけません。

1年だけでは本物ではありません。

当然相手も警戒をして研究もされます。

21年シーズンを勝る内容ならば最高ですが、まずは同様程度の結果が残せるかです。

奥川投手は大きな問題はない感じですが、登板間隔を通常で投げてシーズンを乗り切れるかが課題。

日本シリーズ京セラ奥川

高橋投手も力を出せそうですが、なにせ力投型。

高橋奎二投手

疲れの回復と故障がポイントに感じます。

塩見選手

塩見チーム初安打

シーズン終盤はかなり疲労が溜まり調子を落としました。

やはりシーズンを同様な調子で通せるか?

オフの体のメンテナンスあたりが重要と感じます。

メンテナンスがしっかりすれば故障も避けられますから。

常勝の必須条件

次のポイントは、新たなブレイク選手が出ることです。

底上げが常勝の必須条件です。

出来れば外野と左投手でと思います。

昨季一軍にほとんど出ていない中で、大きくブレイクして欲しい選手がいます。

濱田太貴選手と長谷川宙輝投手。

濱田太貴アイキャッチ 

この2人は是非ブレイクして欲しい。。。その力があると思います。

健康管理の徹底

昨年を思い返しますと、1月の今頃高橋奎二投手が板野友美さんと結婚して、明るいニュースでスタートと思いきや、1月7日には村上宗隆選手がコロナ感染+発熱でとんでもないことになりました。

青木選手らが濃厚接触者となり暗雲がたちこめたものです。

現在オミクロン株が市中感染の状況で、今年とてのんびり構えてはいられません。

青木選手は一人で自主トレをするそうですから、昨年の2度の濃厚接触を踏まえての判断と思います。

何はともあれ健康で故障知らずが大切です。

昨年ブレークするかと思われた濱田選手、長谷川投手は故障で1年を棒に振りました。

素晴らしい投球内容だった近藤弘樹投手も、故障してしまいました。

健康管理は選手だけの問題ではなく、チーム全体の体制作りが大事と思います。

自主トレ、キャンプ、オープン戦とつつがなく進んで、公式戦を迎え、1年をしっかり戦って欲しいと思います。

連覇を期待!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする