ジャイアンツから上手く逃げ切り勝利。石川相変わらず老獪な投球で、通算170勝はすごい!

9/6 ヤクルト読売ジャイアンツ 初戦 神宮球場

5:2 で、ヤクルトの勝ち

耐えて上手く逃げ切り、先勝出来ました。

初回、いきなりバレンティンの一発

どうして??とも思えるバッティングです。

バットが手元で折れながらも上手く押し込んで、バックスクリーンへのホームラン。

こんなのはバレンティンにしか出来ない・・・・先発の高橋優貴投手もさすがに唖然としていましたが。

ジャイアンツ 高橋優貴投手

結構好投していたのにこの一発が効きました。

打線も最後の一本が出ず併殺で好機を生かせずで悔しい負け。

連敗しているとこうなってしまうものか。。。身に覚えが。。。

ヤクルトも好機はあるものの最後の一本が出ず、緊迫モードで終盤へ

試合を振り返りますと、2回裏、石川さん、投手ながら7球粘っての四球で、少しは打者は見習えよの感じです。

死球2アウトながら満塁、ここで登場の塩見泰隆選手

2球ボールに手を出しあえなく三振・・・石川さんとの違いにいささか唖然としてしまいます。

初回の守備も薄暮に対しての意識欠如で、完全にミスですね。

フェンス直撃の大フライなのに、前進するとは。。。

フェンス直撃ということで、エラーは来ませんでしたが、プロなので薄暮を言い訳にはできないように思います。

この後も全くタイミング合わず三振の連続です。

ファームでは3割を打っていたのですが、今年の一軍の試合での打率は1割に満たず。

対左で起用されたとは思いますが、青木さんの2番の代役としては完全に力不足。

まぁ、この時期テストで使う場合が多いので、出場は致し方がないのですが。。。

プロ通算まだ2年目とは言え、年齢は26歳なので、頑張らないと後がなくなります。

先発石川雅規投手

何時もに増して慎重に投げ、連打もありましたが粘り切って6回1失点

結構ずっとジャイアンツにプレッシャ―を掛けられていましたけれど、さすがに大崩れはしないです。

持ち味は十分出していた、ナイスピッチングでした。

中々追加点が取れず徐々に追い詰められるところ、8回裏に動きがありました。

バレンティン、村上宗隆選手(繋ぐ場面でしぶとく打てた)でチャンスメイク。

ここでちょっと予想外のスクイズで追加点・・・良く考えればありの場面では有りましたが

バントが余り成功しないヤクルトで、兎も角も成功させた松本直樹選手は上出来です。

3塁ランナーが山崎晃大朗選手だったことも大きい!

これで終わるとまだ駄目押しとはなっていないところ、代打青木宣親選手

まあこの場面では当然の起用ですね。

ナント、得意の?デッドボール

形は何にしろ絶対必要な得点をもぎっとた感じ、ここでほぼ決まりの雰囲気になりました。

さらにおまけの暴投での一点はこの流れの中での副産物。。。こんなこともあるんだなぁ

8回裏での追加点は残りを考えればかなり勝ちに近付きます。

早い追加点の場合は、反撃機会も多いのですが、8回じゃね・・・フッ

6回まで先発が投げると後は 石山、梅野、マクガフがしっかりフォロー。

石川投手に引っ張られた感じの好投でした。

さすがにこうなるとジャイアンツも次は必死になるでしょうが・・・

ま、更に、連敗してもらいましょう!

本日は17時から

予告先発はブキャナン投手です。

このところ調子がいいので期待です。