苦手青柳に3安打完封されてのトホホで敗戦 高梨粘投もまさかのコール4失点

4/22 阪神タイガース 対 ヤクルトスワローズ 試合結果

R H E
阪神 2 0 0 0 0 0 4 0 0 6 10 0
ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0

バッテリー

ヤクルト 高梨裕稔、コール、大下 佑馬 – 松本直樹、内山壮真
阪神 青柳晃洋 – 梅野隆太郎
高梨6回2失点2022/04/22出典ヤクルト公式サイト

4月22日  対 阪神タイガース

またまた、青柳さんにコテンパンです。

青柳晃洋投手

チャンスらしいチャンスも作れず3安打完封負けのトホホ。

気が滅入る内容でした。

本当に苦手!

こう毎回お手上げもどうかと思ってしまいます。

DeNA 上茶谷投手、中日 高橋投手で、阪神 青柳晃洋投手と苦手のオンパレード

苦手の作りすぎ?で、この先もぶつけられそうで思いやられます。

先発高梨裕稔投手

高梨裕稔投手

制球の不安定さが目立ちほとんど高めに浮く内容でした。

初回のホームランでの失点のみではありましたが、かなり危ない内容でした。

6回2失点はよく持ったとも言えますが、何か物足りない内容です。

とはいえ完投、無失点は最初から期待できないタイプですから、逆に言えば持ち味が出たとも言えます。

6回2失点はクォリティスタートですから、粘投してくれたと評価すべきかもしれません。

初回の2点をそのままにしておいた、援護できない打撃陣が反省すべきと思います。

2番手コール投手

コール投手

初登場でした。

ただこの状態で一軍に登板か?と感じる内容でしたね。

7回に登板でしたが、打者8人、被安打3(うち1本塁打),与四球2,奪三振1、失点4でした。

制球、キレ、球威全てが今一つ。

これが実力ならばかなり厳しい感じです。

比較に出すのもどうかなとは思いますが、一昨年のイノーア投手を髣髴とさせました。

ほぼ全般いいところが見えない感じは、突然変身するとも思えません。

はずれかな??

高津監督は「初めての登板だったので、凄く難しかったかもしれないですけれど、また次に期待したい」と責めなかったようです。

確かに初めてであの緊迫した場面は厳しかったと思いますが、新人ではないのでね。

せめて制球が。。。と思ってしまいます。

コール

日本のマウンドに慣れないせいなら、良くなる可能性が無いでもありません。

どのように修正していくのか、見守りたいと思います。

青柳投手対策の打線も機能せずでなかなか上昇機運が出ません。

今夜は石川さんですが、またまた援護はあまり期待できない感じ。

阪神は初物助っ人のウイルカーソン投手です。

ジャイアンツと戦い、6回1失点の投球で1勝を挙げています。

石川雅規  VS  ウイルカーソン

孤独な戦いをさせないように打線の奮闘を願ってやみません。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2022年4月22

東京ヤクルトスワローズ   0-6  阪神タイガース 神宮球場
中日ドラゴンズ       2-7  東京読売ジャイアンツ バンテリンドーム
広島東洋カープ       6-1  横浜DeNAベイスターズ マツダスタジアム

プロ野球 セリーグ 順位表  2022年4月22日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 巨人 24 17 7 0 .708 0.0
2 広島 23 13 9 1 .591 3.0
3 中日 20 11 9 0 .550 1.0
4 ヤクルト 22 11 11 0 .500 1.0
5 DeNA 19 9 10 0 .474 0.5
6 阪神 24 4 19 1 .174 7.0