プレミア12 スーパーラウンド 初戦 周東渾身の2盗塁と「まさか」の源田のセーフティスクイズに野球の真骨頂を見た!

こりゃ、驚いた!

こんなこともあるのか!!

日本中で観戦していたほぼ全ての人の感想がそうであろうと確信するほどの衝撃

周東渾身の2盗塁と「まさか」の源田のセーフティスクイズは、日本の野球の真骨頂を見た思いでした。

2019年11月11日 プレミア12 スーパーラウンド 初戦。

日本対オーストラリア  ZOZOマリンスタジアムで行われました。

振り返ってみます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
オーストラリア 0 0 1 1 0 0 0 0 0 2 6 1
日本 0 0 0 1 0 0 1 1 X 3 6 0

全体的に、思いの外手こずった感じです。

オーストラリアは、結構狙い球を絞り、しぶとい攻撃。

3回、4回は共に2アウトからの得点で、序盤はペースを掴んだ感じでした。

ただ2点差にされた4回、すぐまたまた鈴木誠也選手が一発

完全に相手ペースにはしなかったことで、このホームランは大きかったと思います。

これで、鈴木選手はこのプレミア12での「3試合連続ホームラン」となり、一つ記録が生まれました。

安定した力を発揮する鈴木誠也選手。

広島ファンでなくても雄姿に歓喜したと思います。

中盤も、オールトラリアは簡単に3人で終わらず塁に出続け、小刻みな投手リレーでズルズルと自分のペースを維持します。

結構試合巧者で逃げ切られそうな雰囲気になってしまいました。

終盤7回、まずリリーフした岸孝之投手がよかった。

流石です。きっちり3者凡退で流れを戻した感じになりました。

このムードに乗った感じでポテンヒットを足がかりに、反撃が始まります。

スモールベースボールの日本」らしい攻撃。

7回、代走に出た周東佑京選手の足を十分に使って2盗、3盗

思わず、「忍者走り」と思うような疾風・疾走で痛快です。

最後は意表を付いた源田壮亮選手セーフテイスクイズ

監督でさえ「まさか」と思うスクイズでした。

当たりは正面を付いたのですが、目の前に来たランナーをつい追いかけてしまった投手の判断ミス。。。でも、周東選手は速すぎてタッチ出来ようはずもなく!

周東選手のスピードが生きた走塁で、同点になりました。

極めて日本らしい得点で完全に流れを持ってきた感じになり「勝てるのでは!」と、期待の気持ちが膨らみます。

更に、8回またまた甲斐野央投手が力投。

きっちり3者凡退で退け、完全に流れを持ってきた感じ。

8回裏。

代打で出た山田哲人選手も冷静に選球し、出塁することで満塁となりました。

2アウト・フルベースのプレッシャーがかかった投手は、また四球を出してしまい、ついに逆転です。

オーストラリアは、雰囲気に呑まれた感じで四球連発で自滅。

まぁ、場内の応援の声もすさまじかったので、それにも呑まれたのかもですね。

やはり短期決戦は、そう簡単に連打とはいきません。

僅差を保ち「相手のミスにも乗じた細かな野球」が求められる事が、今更に実感した試合でした。

今夜は、アメリカ戦です。

メキシコ、韓国、日本が2勝0敗同志で、三つ巴の勢ぞろい。

一馬身出るのはどの国か、面白くなってきます。

アメリカを落とすと苦しい立場になりますから、今夜も見逃せません。