10/24 先発野手全員で打ち勝って、小川投手に10勝目をプレゼントす 

10月24日

ヤクルトスワローズ  9-5  中日ドラゴンズ

R H E
中日 0 0 0 2 0 0 3 0 0 5 13 0
ヤクルト 1 4 0 1 1 2 0 0 X 9 13 1

相手投手陣の不調に付け入り、打ち勝っての勝利となりました。

先発、小川泰弘投手

5年ぶりの二桁勝利達成!

とはいえ、このところの出来と大差ない感じでストレート走らず、変化球切れず、制球今一つで3回持つかの状態に思われました。

しかし、中日打線のつながりの悪さに助けられ、2ランホームランでの失点だけで6回を投げきれました。

10安打ですからピンチの連続で綱渡り状態でした。

ただ四球がなかったことが崩れを招かなかった感じです。

不調でも打線援護もあって、試合を作れたところは、エースらしさが出ました。

「調子が悪くても試合を作る」でめでたく10勝目を手に入れました。

相手先発松葉貴大投手の出来が今一つでした。

初回満塁で1得点でしたが、2回下位打線で好機を作り、中軸でタイムリーと大量点パターンで差を大きくして試合の主導権を取れました。

序盤で5点でエースならばほぼ勝ですが、小川投手の調子からはとてもの感じでした。

4回に中日福田選手に2ランホームランを浴びて詰め寄られ、流れが中日に行くのではと危惧。

村上宗隆選手

しかし、取られてすぐ、2アウトでの村上宗隆選手のタイムリーが出ました。

試合の流れを渡さない効果的な追加点でした。

これに乗って5,6回に追加点と勝を決める事になりました。

塩見泰隆選手この試合、5番に入った塩見泰隆選手

村上選手に続き効果的なタイムリーで3打点と機能しました。

やはり5番に当たりが出ると格段得点能力は上がります。

その意味では2本のタイムリーが打てたことは評価出来ます。

華々しさよりも「しぶとさ」を求めて欲しいところです。

マクガフ投手3失点で、完全に楽勝ムードを壊したマクガフ投手

大量差で気持ちが入らなかった訳ではないでしょうが、攻めの姿勢に欠けるかわす投球に感じました。

ストレート主体で行かずなぜか変化球多投は、リードの中村選手とともに頂けません。

雑に感じる投球で楽勝ムードを壊す結果は、全く頂けません。

そうはいっても、良い勝ができました。

小刻みでも点を取り続けたのが大きかったと思います。

五十嵐亮太投手次は五十嵐亮太選手の引退試合

往年の五十嵐選手の雄姿をリアルタイムで観ていた身としては、一抹の寂しさはあります。

が、年齢には勝てませんし、最後ヤクルトでユニフォームを脱ぐというのは感慨深いものがあります。

良い内容の試合で、送り出して欲しいと願います。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2020年10月24

東京ヤクルトスワローズ    9-5     中日ドラゴンズ 神宮球場
横浜DeNAベイスターズ  1-2  広島東洋カープ 横浜スタジアム
読売ジャイアンツ     1-2  阪神タイガース 東京ドーム

プロ野球 セリーグ 順位表  2020年10月24日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 巨人 106 63 37 6 .630 0.0
2 中日 108 55 48 5 .534 9.5
3 阪神 107 51 50 6 .505 3.0
4 DeNA 108 50 53 5 .485 2.0
5 広島 107 44 53 10 .454 3.0
6 ヤクルト 106 38 60 8 .388 6.5

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする