10/25 五十嵐投手引退試合 143Km1球で仕留め、有終の美

10月25日

ヤクルトスワローズ  1-5  中日ドラゴンズ

R H E
中日 0 3 0 0 0 0 1 0 1 5 9 0
ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 7 1

五十嵐亮太投手の引退試合でした。

五十嵐投手、たった一球でしたがもちろんストレート143Km。

「らしさ」があふれる内容で現役生活を締めくくりました。

五十嵐引退試合20201025

五十嵐引退試合渾身の143Kmストレート 出典ヤクルト公式サイト

セレモニーでの挨拶も、人となりがあふれるさわやかなもので、平坦では無い道を歩んで得た人生観を感じました。

湿っぽくなく「さわやか・すがすがしい」挨拶で笑顔が印象に残る良いものでした。

五十嵐引退挨拶

観客に応える五十嵐 出典ヤクルト公式サイト

五十嵐応援観客観客はこの日を見に来た方が多かったと思います。

石川投手は、万感の思いでつば九郎と鳥小屋から観戦

金網越しの石川

金網越しにつば九郎と観る石川投手

見守る石井コーチロケットボーイズの片割れ、石井弘寿コーチも見守り、球場全体が一つになりました。

投げたのは、やはり直球143Km

シエラは、1球目を打ってしまい、まぁ、エスコバー選手が上手く取って送球。

村上選手が走者タッチで、あっという間に終わってしまいました。

なんだかあっけなく。。。もう少し見ていたかったような気もしますが、有終の美となりました。

そのうち、今後の居住が示されると思いますが、二軍のコーチになって戻ってきて欲しいと思います。

さて、試合を振り返りますと、投打共に振るわず内容は寂しいものでした。

スアレス投手先発スアレス投手。

徐々に調子が落ちてきている感じで、1年を通じてのスタミナが無いように見えます。

フィジカル面が落ちている為、投球が安定しません。

2回には制球を乱して四球を絡めてピンチから甘い球を痛打。

一気に3失点と悪い形で崩れました。

投球に勢いがなく3回持つかの出来でしたが、5回を投げきり何とか試合は壊さなかった結果となりました。

打線は今一決定力に欠けるところで繋がりません。

継投の今野、寺島投手共に慎重さを欠く投球です。

好球を配してのホームランは決定的な物となりました。

救援が慎重さを欠き、ただ登板して投げるだけでは信頼度は上がりません。

自身で今一度見直す必要があります。

試合内容は置いて、引退試合 五十嵐が見れた事で十分とも言えました。

今日は試合がありませんが、ドラフト会議があります。

今年のヤクルトは、即戦力の投手を求めるようですが、上手く引き当てれるものなのか。。。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2020年10月25

東京ヤクルトスワローズ    1-5     中日ドラゴンズ 神宮球場
横浜DeNAベイスターズ  3-0  広島東洋カープ 横浜スタジアム
読売ジャイアンツ     2-4  阪神タイガース 東京ドーム

プロ野球 セリーグ 順位表  2020年10月25日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 巨人 107 63 38 6 .624 0.0
2 中日 109 56 48 5 .538 8.5
3 阪神 108 52 50 6 .510 3.0
4 DeNA 109 51 53 5 .490 2.0
5 広島 108 44 54 10 .449 4.0
6 ヤクルト 107 38 61 8 .384 6.5

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする